【徹底解説!】注文住宅に取り入れたい無垢材の種類と特徴

無垢材を使った注文住宅

人気が高まる無垢材とは

独特の風合いや心地良い肌触りから、人気が高まっている無垢材。

自然素材の無垢材には、さまざまな種類や用途があります。

種類が違えば、当然特徴も違うので、どの素材を選ぶかで住宅の印象はガラッと変わります。

今日は、注文住宅に無垢材の使用を検討している人のために、無垢材の種類と特徴を解説したいと思います。

『フローリングの床材は無垢材が1番!』はほんとう?で無垢材のメリットとデメリットを詳しく解説してあります。

フローリング材としてメリット、デメリットとして紹介していますが、基本的にはどの部分に使っても共通のメリット・デメリットなので、良ければ参考にしてください。

無垢材について

無垢材は、合板や集成材のように木を貼り合わせて作るのではなく、1本の木から角材や板を切り出したものです。

無垢材は、大きく分けると「針葉樹」と「広葉樹」の2種類に分けられます。

針葉樹には杉や檜、ヒバなどの種類があり、広葉樹にはオークやタモ、カリンなどがあります。

針葉樹は軽くて柔らかく、また温かみがあり肌触りも心地よいものが多くなります。

反面、傷つきやすいというデメリットもありますが、それを「味わい」として楽しむ人も多いようです。

針葉樹は、こうした特徴から、柱や梁などの構造体、浴室などに利用されることが多くなります。檜風呂などは針葉樹の代表的なもので、最近は檜のフローリングも人気を高めています。

一方、広葉樹は堅くて重い、傷に強いという特徴を持ち、内装材や作り付け家具などへの利用が多くなります。

無垢材の種類と特徴

杉は他の樹種に比べて柔らかく、肌触りの良さと温かみが特徴です。

その分、傷がつきやすいというデメリットがありますが、月日の経過とともに何とも言えない「味わい深い飴色」に色を変化させます。

檜は水への耐久性に優れ、変形の少ない木材です。

檜風呂に入ると良く分かりますが、独特の芳醇な香りを放ち、心身ともにリラックスさせてくれる効果があります。

油分を多く含むため塗装するには向いていなく、無着色で利用されることが多くなります。

上品な色合いや美しい木目が人気で、最初は白っぽい色をしていますが、杉同様に時間が経過するとともに艶のある色に変化します。

オーク(ナラ)

強度が高く加工性にも優れており、家具や楽器などに良く使われます。

くっきりした木目が、いかにも「無垢材」という印象を与えてくれます。

いろいろな雰囲気にマッチするため、内装材などに採用する人も多いようです。

桜は、その独特の赤みがかった風合いと色調が美しい素材です。

また、反りや変形も比較的少ないため、利用しやすい樹種と言えます。

他の樹種に比べて木目がはっきりしていないので、清潔な雰囲気にしたいリビングや子供部屋に取り入れることで、その良さが引き立ちます。

くるみ(ウォルナット)

軽い割に衝撃や傷にも強いため、家具の素材として良く使われています。

また、濃い色合いと重厚感が、高級感のある雰囲気を演出してくれます。

チーク

チークは耐水性の高さが突出しており、船舶やクルーズの甲板として使われています。

品のある色合いや木目も大きな特長で、高級家具などにも利用される格調高さも魅力の素材です。

今日のまとめ

今日は無垢材の種類や特徴を解説しましたが、いざ選ぶとなると悩んでしまうものです。

まずは、「どんな家を建てたいのか」をしっかりイメージし、予算がどれだけ用意できるかと併せて専門家や住宅メーカーの担当者と相談すると良いでしょう。

2018年7月29日注文住宅ブログ注文住宅