大切な住まいをカビから守れ!知っておきたいお役立ち7つ道具


湿気が高い梅雨や秋になると、家の中にカビが発生しやすくなります。

特に普段から日当たりの悪い場所や、水はけのよくない土地に建っている住宅は、カビの被害が深刻化しやすいので注意が必要です。

カビが発生する1番の原因は湿気です。家具を壁から離したり、収納にモノを詰め込めすぎたりしなければある程度は防げますが、湿気がある限りカビの発生をしっかり防ぐことはできません。

一度カビが生えてしまうと、完全に取り除くことは非常に難しくなります。家具の後ろになっていた壁一面にカビがびっしり!ということもありえます。

カビは発生させないことが1番大切。そこで、ここでカビの発生を予防するための7つ道具を消化したいと思います。

1.新聞紙


除湿効果があり、もっともコスパが優れているのが新聞紙です。

フローリングや畳に布団を敷いている人は、試しに敷布団の下に新聞紙を挟んでみてください。

朝起きたとき、湿気でフニャフニャになった新聞紙を見て驚くと思います。特に寝汗を書きやすい方には効果抜群。

敷布団の下に敷くための専用マットもあるので、気になる人はチェックしてみてください。

2.木炭


昔ながらの除湿アイテムといえば木炭です。

木炭には細かい穴が無数に開いていて、スポンジのような構造になっているため、木炭をかごなどに入れて除湿したい場所に置くだけで湿気を吸収してくれます。

最近では100均でも買えるので、コスパも高く、消臭効果ありというおまけつき。

3.重曹


重曹にも除湿効果と消臭効果があるのをご存じですか?

弱アルカリ性という性質上、カビ自体を寄せ付けないという効果もある優れモノ。

木炭と同じように、器に入れて除湿したい場所に置くだけと、使い方もお手軽。

すぐに効果が実感できるので、ぜひ試してみてください。

4.乾燥剤

市販されている乾燥剤も、除湿効果抜群のアイテムです。

クロゼット用、下駄箱用、衣類箱用など種類も豊富なので、除湿したい場所に合せて使い分けましょう。

5.すのこ


すのこは主に押し入れや敷布団の下に敷いて使います。

通気性を良くしながら素材となる木材が水分を吸収してくれるので、カビ対策のマストアイテムとして重宝されています。

6.タイルバスマット


住まいの中で1番カビが発生しやすい場所いえばお風呂。

お風呂の前に敷いているバスマットがいつも濡れてはいませんか?

タイルバスマットを敷いておけば、水分を吸収してくれるので、カビ対策として必ず敷いておきたいものです。

お風呂だけでなく、キッチンやトイレにも使えるので、数枚買っておいても損はないはずです。

快適なお風呂ライフを楽しむためのお手入れ方法はこちら

7.除湿器


除湿アイテムと聞いて、多くの人は最初に思いつくのが除湿器だと思います。

除湿器は、暖かくて湿った空気を取り込み、内部で空気を冷やし結露させて湿気を取り除く仕組みになっています。

空気は暖かいほどに湿気を含みます。その性質を利用し、空気を冷やすことで含むことのできる湿気を少なくすることができます。

この性質を使用すれば、冷房だけでも除湿は可能。室内の温度を下げると、空気がたくわえられる水分量が減るので、除湿できるというわけです。

カビは一度発生すると、あっという間に勢力を拡大していきます。

「カビがとにかく発生させないことが1番!」だということを覚えておいてください。