住宅ローンの情報収集

インターネットが人気の情報限に

どんな条件で借りるのかによって、その後の住宅ローンとの付き合い方は大きく変わってきます。金利や諸経費など納得できる条件で契約できるよう、情報袖手は積極的に行いましょう。

住宅ローンに関する情報収集の窓口としてお勧めなのが、インターネットや金融機関、新聞、住宅情報誌、チラシ、モデルルーム、住宅販売事業者など多岐に渡ります。

こうしたものを使って積極的に情報収集をする人が多い反面、自分であれこれ調べずに、物件の提携する住宅ローンで検討する人もいるようです。

最近人気のある情報源として、インターネットの比較サイトがあります。

まずはこうしたサイトを利用し、各住宅ローンの利用者の口コミや最新の金利の傾向を掴むとよいでしょう。

こうしたインターネットによる情報収集は時間的、体力的にみても非常に便利なものですが、これだけでは集められる情報には限界があります。

なぜなら、住宅ローンの金利には店頭で表示される基準金利と優遇金利の2種類があり、実際に借りたときに支払うのは通常は優遇金利になるからです。

優遇金利とは、基準金利から一定の金利を差し引いたもので、給与振込口座に指定するなど金融機関が定めた条件を満たせば、店頭に表示される適用金利から差し引かれます。

どれくらいの優遇を受けられるかは、条件によって決まります。勤務先などの条件次第で、優遇率がアップすることもあります。

反対に、借り手の年収や物件の状況によっては、そもそも肝心の審査に通らないこともありえます。

自分にとって一番の住宅ローンを見つけるためには、実際に金融機関の窓口を訪問したり、書類を出したりして、自分のケースではどうなるのかを自分自身で確かめる必要があるのです。