補償の対象を減らすとどうなる?

火災保険の保証範囲

水災や風災を補償の対象外にすると保険料が安くなる

大雨や集中豪雨による浸水や水害、土砂崩れなどは「水災」で補償することになりますが、この水災は保険料に占める割合が大きいため、浸水リスクが低い高台の一戸建てや、マンションの高層階では補償の対象外(不担保)にすることで大幅に保険料を節約することができます。

「風災」も、保険料に占める割合が比較的大きいものです。台風や雪の心配があまりない地域や、台風や風に強い建物なら被害も少ないと判断し、風災を補償の対象外にすると保険料は下がります。

ただし、水災も風災もただ保険料が安くなるという理由だけで安易に補償の対象外にするのは禁物です。

水災は、大雨や河川が氾濫した際に想定される浸水の深さを地図で表した「洪水ハザードマップ」や「浸水予想区域図」、過去の水災被害記録の「浸水履歴図」といった資料を参考にしながら慎重に検討しましょう。

風災についても、その土地の立地条件や建物構造、屋根の形状、築年数など、さまざまな条件を十分に加味したうえで、補償の対象外にするかどうか検討しましょう。