注文住宅の構造・工法

建築物の安全性を計算する構造計算

建築物には固定荷重、積雪荷重、風荷重、地震荷重など、さまざまな力がかかります。そのため、建築物の安全性を確保するためにも、設計段階で慎重に安全性を確保しておく必要があります。そのための計算を「構造計算」 ...

注文住宅の構造・工法

プレハブ工法で家を建てる

ほとんどのハウスメーカーで構造・工程を問わず採用しているのがプレハブ工法です。あらかじめ工場で生産された屋根、壁、床などの部材を現場で組み立てて住宅をつくりあげる工法になります。

工場生産の割合が高 ...

注文住宅の構造・工法

鉄筋コンクリート造で注文住宅を建てる

鉄筋コンクリート造は、鉄筋とコンクリート造を組み合わせてつくる構造体です。鉄筋コンクリート造は、大きく分けてラーメン構造と壁構造の2つに分けられます。

ラーメン構造は接合部が硬くつながっ ...

注文住宅の構造・工法

鉄骨造住宅のメリット・デメリット

鉄骨造とは、柱・梁・筋かいなどを鋼(はがね)で作った住宅のことを指します。鋼とは鉄に微量の炭素を加えたもので硬さと粘り強さを併せ持つ素材ですが、揺れやすく音が響きやすいというデメリットも持っています。

注文住宅の構造・工法

ツーバイフォー工法(2×4工法)

北米で生まれたツーバイフォー工法は、日本の木造技術者の質、量の不足や国産材よりも大量伐採される輸入材が安価という木材供給の変化によって、住宅の構造化や合理化を目的として北海道を中心に広まった工法です。

注文住宅の構造・工法

在来工法(木造軸組構造)

現在最も広く普及している在来工法は、伝統工法による技術を生かしつつ、仕口や継手といった接合部分に金物などを使用して補強し、壁を強固にしていった工法です。

伝統工法のように地震が起きた際にかかる力を骨 ...

注文住宅の構造・工法

伝統工法とは

社寺建築や近世の民家、地域ごとの気候風土に合わせて独自に発展してきた工法を伝統工法と呼びます。太い梁や柱などの構造躯体そのものに大きな魅力があります。

構造

梁と柱で構成される軸組工法で、梁や柱の仕口や継手などの ...