多くのハウスメーカーが採用するプレハブ工法とは

プレハブ工法で家を建てる

ほとんどのハウスメーカーで構造・工程を問わず採用しているのがプレハブ工法です。

あらかじめ工場で生産された屋根、壁、床などの部材を現場で組み立てて住宅をつくりあげる工法になります。

工場生産の割合が高いため、品質が安定しているという特長をもち、熟練の職人による施工でなくても、一定のレベルの住宅が完成するというのがメリットです。

自由度

プレハブ工法では設計がどうしても規格内のものになるため、基本プランを組み替える程度の自由度しかなく、敷地条件やゆずれない要望がある場合の対応力は低い工法となります。

工期

ハウスメーカーにもよりますが、おおむね2~4ヶ月程度で、規格・仕様があらかじめ決まっているため他の工法に比べると工期が短いくなっています。

コスト

規格・仕様に沿って建てるのであれば、部材が大量生産されていることもあり安価で仕上げることができます。ただし、規格・仕様の変更や変形地に対応するための設計が必要である場合は割高になることもあります。

増改築のしやすさ

構造に関係しない個所のリフォームや内装変更は一般的な住宅と変わりませんが、プレハブ工法は原則として工法や構造計算の内容が発表されないクローズドな工程のため、間取りの変更や増改築などの構造部分に関わる工事が必要な場合は、ほとんどの場合工事の依頼先がその住宅を建てたハウスメーカーに限定されます。