設計事務所

注文住宅の見積り

着工から上棟まで

着工前の地鎮祭が終わってから、工事の起点となる敷地の高さの設定および建物の配置計画を行います。

工事が始まると、建築家が図面通りの施工が行われているかを監理します。特に上棟までは基礎や構造といった住宅性能の ...

設計事務所

工務店選定後の請負契約

注文住宅の施工をまかせる工務店の選考が終わったら、請負契約を結びます。

請負契約時には、「工事請負契約書」「契約約款」「工事費内訳明細書」「仕様書・仕上表」「設計図書」などが用意されます。

設計事務所

注文住宅の屋根材

注文住宅の見積り調整

設計事務所による見積り調整の期間の目安は、一般的に2ヶ月程度ですが、予算をオーバーしている場合は、さらに予算調整を行う期間を設ける場合もあります。

実施設計完了後に工務店に依頼した見積りが集まったら、ま ...

設計事務所

注文住宅の実施設計

実施設計とは、基本設計で決めた間取りを建築物として成立させるために、設計事務所がより詳細な図面を描く作業を指します。基本設計が完了しないと、この実施設計の作業に入ることはできません。実施設計にかかる期間の目安はおおよ ...

設計事務所

注文住宅の基本設計

敷地の現状確認や役所調査が行われてから基本設計に入ります。

基本設計とは、施主の要望や敷地条件をもとに家の概要を決まる作業を指します。これは設計事務所に依頼するうえで最も大切なプロセスになります。基本設計 ...

設計事務所

設計監理契約

ハウスメーカーや工務店で注文住宅を建てるときに結ぶのは工事請負契約ですが、設計事務所で建てる場合、設計事務所と「設計監理契約」を、工務店と「工事請負契約」をそれぞれ結ぶことになります。

これによって建築家は施工 ...