ベランダやバルコニーのメンテナンス方法


「いつまでもキレイな住まいに」と思って、家の中に気を配る人は多いと思いますが、外側を見逃してしまっていないでしょうか?

日本は湿気が高いうえ、梅雨には雨が何日も降り続くことが珍しくありません。

当然、その間建物の外側は雨風にさらされているので、破損や腐食による劣化の進み方は内部の比ではありません。

バルコニーやベランダがある家であればなおさらです。

そこで、今日はベランダやバルコニーの寿命を伸ばすためのメンテナンス方法を紹介したいと思います。

防水層のメンテナンス

バルコニーやベランダなど、建物の外側は、雨をなるべく早く流れるようにしてあげる必要があります。

一般的な屋根、ベランダ、バルコニーにはFRPという繊維強化プラスチックに耐水性、耐食性、耐候性に優れた塗料を塗り、防水層をつくることで雨水を防いでいます。

防水層は伸縮や地震、経年劣化、下地が動くなどして避けてしまうことがあります。

また、FRP防水は火気に弱いため、火を近づけると劣化が進んでしまいます。

また、重たいものや尖ったもので防水層が避けてしまうこともあるため、置かないようにしてください。

どうしても置かなければいけないなら、設置面にクッションなどを置くと、防水層が傷つく危険性が減ります。

防水層が万が一傷ついてしまうと、そこから雨水などが浸食して、建物内部の素材を傷め、最悪の場合は防水層を伝って雨水が建物内部に入り込み、雨漏りが起きたり、建物の躯体にダメージを与えてしまったりということになります。

こうなると、家の寿命は確実に縮まるだけでなく、放置しておくと修理にかかる費用も膨れ上がるので、防水層の異常に気が付いたときは、必ず専門家に処置を依頼してください。

防水層の破損だけでなく、排水面でも注意が必要です。

バルコニーやベランダに設けられている排水口がゴミなどで詰まると、雨水がたまり、溢れた水が室内に侵入することもあるので、定期的に排水口をチェックしましょう。

最近の住宅は、バルコニーやベランダと部屋の間の段差がないことも多いので、特に注意が必要です。

メンテナンスのポイント

手の届く場所は自分でメンテナンスをするのが基本です。

定期的にベランダやバルコニーにひび割れなど異常がないかチェックしてください。

また、雨の降ったあとは排水口が詰まっていないかのチェックも大切です。

排水口にものが入ってしまったら目では分かりづらいもの。

水の流れが悪くなったときは、一層注意してなにか詰まっていないか確認しましょう。

補修時期の目安

FRT防水は塗膜による防水なので、塗料を定期的に塗り替える必要があります。

環境や使用条件、メンテナンスのしかたにもよりますが、トップコートで5年程度、防水層は10年程度の塗り替えが一般的です。

手すりのメンテナンス


バルコニーやベランダは、落下防止のために1.1メートル以上の手すり設置が義務付けられています。

手すりの素材は木材、鉄、アルミが一般的ですが、いずれにしても長く使い続けるためには適切なメンテナンスが大切になります。

手すりには表面を保護するための塗装が施されていますが、雨風による汚れや傷により、腐朽やさび、腐食が生じます。

さびや腐食が深刻なものになると、ぐらつきや破損が生じ、木材では腐食によりシロアリが住み着いてしまうこともあります。

そのまま放置しておくと、被害がベランダ全体に広がる可能性もあります。

メンテナンスのポイント

手の届く範囲のメンテナンスは自分でおこなうのが基本。

異常がないか定期的にチェックしてください。

木材であれば、湿気の影響で腐食していないかも確認します。

鉄はさびの有無、アルミは汚れや傷、白い腐食の確認をしましょう。

木材は表面の汚れをしっかり落としてから、市販の塗料でひび割れがでる前に塗り替えます。

鉄はさびをサンドペーパーなどで落とし、さび止め塗料で下塗りしてから仕上げ塗装をしましょう。

アルミは鉄と同じくサンドペーパーなどで磨いたあとに、透明なラッカースプレーで保護します。

ベランダやバルコニーの手すりは高所に設置されているので、危険を感じたら無理をせず、専門業者へ依頼してください。

補修時期の目安

素材によってまちまちですが、木材で3~5年、鉄やアルミで5~10年といったところです。

ぐらつきは重大な事故につながることもあるので、定期的にチェックし、異常を感じたらすぐに修理しましょう。