悪徳業者に要注意!シロアリ駆除を依頼するときの注意点

シロアリ駆除を依頼するときの注意点
住まいにとって1番の天敵といえるのが「シロアリ」。住み着かれると住まいの寿命を大きく縮めてしまうのは必至!シロアリの被害は最小限に抑えるのは、大切な住まいを長持ちさせるための鉄則です。

とはいえ、シロアリの専門家でもない限り、具体的な対策をとることは難しいと思います。

シロアリの姿さえ見たことがないという人も多いのではないでしょうか?

そこで頼りにしたいのが、シロアリ駆除を専門におこなう業者ですが、残念ながらシロアリ駆除の業者には、実際には効果のない対策しかしていないにも関わらず、高額な費用を請求してくる業者も少なくありません。

そこで今日は、シロアリ駆除を依頼するときの注意点を紹介したいと思います。

『無料で点検します!』には要注意

シロアリ駆除を依頼するときの注意点
「今、床下の点検を無料でしています!あなたもどうですか?」というのは、シロアリ駆除業者の決まり文句であり、実際に多くのシロアリ業者が床下点検を無料でおこなっています。床下を確認しないことにはシロアリ被害の度合いも分からず、対策も立てられないからです。

しかし、普段の生活で床下を確認することなどほとんどありませんし、業者が潜って点検しても、何をしているか確認のしようがありません。

悪徳業者は、そこにつけこんで大した点検もせず、言葉巧みに不安のあおり、その日のうちに契約を結ばせようとしてきます。

これは「無料点検商法」という呼ばれる手法で、多くの悪徳業者が使う手口の1つです。

ただ、これだけですべての業者が悪徳というわけではありません。

中にはしっかりした業者もおり、本当に早急な対策をとる必要があるというケースも存在します。

そこで、点検した内容の信ぴょう性、契約を結ぶ必要の有無を確かめるための方法として、点検する際に床下の写真を撮ってもらい、その写真をもとに具体的な状況と対策の必要性を詳しく説明してもらいましょう。

写真撮影や状況説明をかたくなに拒むのであれば、契約しないほうがいいでしょう。

しっかりとした説明を受けたとしても、その場で契約を結ぶのはあまりお勧めしません。

一旦は引き取ってもらい、別の業者へ相談して、最初の業者の説明と食い違いがないか確かめましょう。

いずれの業者も同じ説明をすれば、シロアリが床下にいるという確信が持てるはず、それから調査してもらった業者に相見積もりを出してもらい、そこで駆除を依頼する業者を選んでも遅くはありません。

点検を依頼するときの注意点

自宅でシロアリや羽アリを発見しても慌てる必要はありません。

まずは、それが本当にシロアリなのかしっかり確認してください。

ネットなどにあるシロアリの画像などを見れば、それがシロアリかどうか判断できます。シロアリで間違いなしと確信した時点で、シロアリの駆除業者に相談してください。

まずはシロアリの被害を実際に見るため、床下点検がおこなわれるので、もしこの時点で大規模な駆除をする意思がないなら、先に伝えておきましょう。

また、ほとんどの駆除業者は点検が終わった時点で、シロアリがいるいないに関わらず「駆除対策」か「予防」を提案してきます。

点検を依頼した時点で、いずれかの提案がされることは覚悟しておいたほうがいいかもしれません。

もちろん、依頼するかどうかの最終決定権はあなたにあるので、必要ないと思えば断ってしまって構いません。

シロアリ駆除を依頼するときの注意点

シロアリ駆除を依頼するときの注意点
シロアリ駆除を依頼する場合も、焦らずにまずは他の業者へ相見積もりを依頼してください。

見積もりを依頼した2つの業者であまりに意見が食い違う場合は、どちらかの業者が嘘をついている可能性が高いです。その場合、3つ目の業者に相見積もりを依頼しましょう。

大切なのは、納得できないうちは駆除依頼をしないということ。

シロアリ駆除にかかる費用は決して安いものではありません。

信頼できる業者をしっかり見極めることが大切です。

見積もりをとっている間にシロアリによる被害が拡大し、住まいが倒壊するというようなことはまずあり得ません。

決して焦らず、じっくりと駆除を依頼する業者を選定してください。

シロアリ駆除で1番大切なのは「信頼できる業者への依頼」

どの業者に、どんな方法で、どれくらいの費用でシロアリ駆除を依頼するかは、最終的にあなたが判断する必要があります。

そのためにも、シロアリについてある程度の知識は持っておきたいところです。

最近では、インターネットでシロアリの情報を公開している業者のサイトも多いので、探せばいくらでも情報を得ることができます。

大切なのは、シロアリを発見したといって焦って業者に依頼してしまわないこと。

上でもいいましたが、シロアリがいるからといってすぐに住まいが倒壊するということはまずあり得ません。

ここで焦ってしまうと、大した対策も取られず、後になってシロアリが残っていることが発覚し、あらためて別の業者に依頼しなければならないということになりかねません。

費用もムダになりますし、シロアリを再度発見するまでに、シロアリの被害が拡大している可能性もあります。

余計な出費を抑え、シロアリの被害拡大を防ぐためにも、信頼できる業者をじっくり見極めてから、シロアリ駆除を依頼するようにしてください。