住まいを守る「外壁塗装」。塗り替えが必要なタイミングは?

注文住宅の外壁材
最近は住まいの形状や外見が多様化し、個性あふれる外観や色鮮やかで華やかな外壁の住宅がずいぶん増えました。

外壁の色は周りの住宅との調和を計りつつ、個性を主張するための大切な要素です。

塗料の品質もよくなって、色だけでなくさまざまな質感も出せるようになっています。

しかし、外壁に使われる塗料は、単に見た目をよくすることだけが役目ではありません。

外壁塗装は住まいを傷みから守る「防水効果」と、劣化を防ぐ「耐久効果」。さらに、紫外線や雨風から守るなど、住まいの寿命を延ばすうえでとても大切な役割を担っているのです。

外壁塗装の寿命を延ばす=住まいの寿命を延ばすと言い換えていいかもしれません。

外壁塗装の塗り替え。何年ごとがおすすめ?

住まいは建てた瞬間から劣化が始まっています。

同様に外壁の劣化も始まっており、最初はキレイに塗り上げられていても、年数が経つと剥がれてしまい塗り替えが必要になります。

そこで疑問に思うのが「何年ごとに塗り替えればいいのか」ということ。

これには明確な決まりはなく、年数はあくまで目安程度でしかありません。

外壁塗装の状態をこまめにチェックし、住まいに悪影響が出てしまう状態になった、あるいはそうなる前に塗り替えることが大切です。

そこで、ここから外壁の塗り替えが必要かどうかを判断するチェックポイントを紹介したいと思います。

外壁塗装の6つのチェックポイント

外壁塗装のチェックポイント

1.ひび割れ

外壁塗装の異常で、1番分かりやすいのがひび割れです。

外壁のひび割れを見つけたら要注意!割れたところから雨水などが浸みこみ、建物の内部に深刻なダメージを与える可能性があります。

放置しておくと外壁の劣化が急激に進み、塗装の塗り替えだけでなく、さらに大掛かりな修繕が必要になることも。

そのような状態になる前に、外壁塗装を塗りなおすことを強くおすすめします。

2.藻や苔、カビなどで汚れている

外壁塗装の実に70%が、藻や苔、カビの付着が原因といわれています。

一度発生してしまうと、急激にその勢力を拡大していき外壁塗装を劣化させるので、あまりに酷い状態になると塗り直す必要が出てきます。

最近は除草剤や防カビ剤入りの塗料があるので、建てるときに最初からそれらの塗料を指定してもいいでしょう。

3.塗装剥がれ

家を建ててからある程度の年数が過ぎると、塗料が劣化して剥がれやすくなってきます。

剥がれの範囲が狭いうちは重ね塗りで対処できますが、あまりに目立つようになると、全面的な塗りなおしが必要になります。

4.チョーキング

チョーキングは、紫外線や雨水などで外壁塗装が劣化し、表面が粉上になって消耗している状態のことです。

壁が粉を吹きはじめると防水効果が極端に落ちるので、なるべく早く塗り替える必要があります。

5.塗装の表面が膨れている

外壁表面の塗装剤が付着力を失ってくると、塗装の表面が膨れてきます。

下手に触ると外壁が剥がれてしまうことがあるため、上から塗料を重ね塗りしなければいけません。

放置しておくと、膨れ・剥がれが深刻化するので早めに対処してください。

表面の変色

ひび割れの次に分かりやすい劣化が変色。

すぐに塗りなおしをしなければいけないわけではありませんが、放置せずに応急処置をしておくことで、外壁の劣化を抑えることができます。

外壁の異変に気付いたら早めの対処を!

外壁塗装の異常には早めの対処を
住宅の外壁塗装を塗り直すとなると、数十万円という費用がかかるため、金額を見てどうするか悩む人が多いと思います。

ただ、なんの対策もせずに放置しておくと、いずれは住まいに深刻な悪影響を与えてしまいます。

そうなってから対処するとなると、その費用は外壁塗装の塗り替えとは比較にならないほど高額になることもありえます。

大切な住まいを守るため、いつまでもキレイな外観を保つためにも、外壁塗装の重要性・役割をしっかり認識しておきましょう。