返済期間が変わると支払利息が大きく変わる

35年返済のメリットとデメリット

住宅ローンの総返済額を決めるのは、金利だけではありません。

たとえ同じ金額を同じ利子で借りた場合でも、返済期間の長さによって総返済額に大きな差が出てくるのです。

住宅ローンを借りるときに、多くの人はあまり深く考えずに35年返済で借りようとします。

たしかに、返済期間が長くなれば毎月の返済額は減らせますし、借入金額を増やせるというメリットがあります。

しかし、全体で見ると利息がかさんで、総返済額が膨らんでしまうというデメリットも存在するのです。

たとえば、3000万円を返済期間30年、元利金等返済、金利2.5%で借りた場合、毎月返済額は11万9000円で総返済額は4268万円となります。

ほかの条件を変えずに、返済期間だけを35年とした場合は、毎月返済額は10万8000円で総返済額は4505万円となります。

返済額が5年長くなっただけで、支払利息(総返済額)は250万円近く増えてしまう計算になるのです。

住宅ローンは、仕事が現役のうちに完済してしまうのがおすすめです。

景気が良かった時代には「定年退職後は住宅ローンが残っていたら退職金で完済し、老後の生活は年金でまかなう」という計算が成り立ちましたが、十分な退職金や年金がなかなか望めない現代において、退職金や年金をあてにしてしまっては、老後の生活にしわ寄せが来るのは目に見えています。

切りのよい年数でしか設定できないと思っている人が多い返済期間ですが、実際には1年単位での設定が可能です。

返済期間は「退職予定年齢-住宅ローン開始時の年齢」を基準にして決めるといいでしょう。