頭金は2割を目安に貯める

頭金のないフルローンは金利負担が重い

頭金がなくても、正直なところ住宅ローンを借りることは可能です。

頭金なしでローンを借りることをフルローンといい、頭金なしでも住宅ローンを借りることができるようになったのはいいのですが、実際にはローンを借りた後で返済が厳しくなることが少なくありません。

たとえば、4000万円を固定金利2.5%、35年返済(ボーナス返済なし)でフルローンで借りた場合、毎月返済額は約14万3000円、総返済額は約6006万円となり、利息だけで約2000万円を支払うことになります。

これに対して、頭金として物件価格の2割相当にあたる800万円を入れた場合、借入金額は3200万円となります。

これを同条件で返済した場合、毎月返済額は約11万4400円、総返済額は約4805万円となります。

4000万円をフルローンで借りた場合と、頭金800万円を用意して借りた場合で総返済額を比べてみると、約1200万円もの利息負担を減らすことができるのです。

毎月返済額も約3万円減るので、差額を繰り上げ返済用に積み立てることもできるのです。

一般に、住宅ローンの頭金は購入金額の2割を目安に準備するのがいいとされています。

これに明確な根拠はないのですが、かつての旧住宅金融公庫の融資が、住宅の建設費または購入価格の8割までの金額までしか借りられなかったことが関係しているのかもしれません。

新築住宅の価格には、不動産業者の利益や宣伝広告費などのコストが2割程度含まれているので、物件そのものの価値、つまり担保価値は価格の8割程度が目安となっているのです。