キッチンのおすすめレイアウト!機能性とデザイン性を両立させたキッチン選び


キッチンのタイプは大きく分けると「オープンキッチン」「セミオープンキッチン」「クローズドキッチン」に分けられます。

この中でも人気が高いのがオープンキッチン。リビング・ダイニングに仕切りやカウンターを設けずに設置されるのが特徴です。

キッチンの仕切りがないため、リビングやダイニングの空間を開放的に見せられるというメリットがあります。

セミオープンキッチンは、オープンキッチンと同じようにリビング・ダイニングの中に設置されますが、カウンターや仕切りで空間を分けて設置します。

クローズドキッチンは、キッチンを取り囲むように壁や仕切りが取り付けられているタイプ。

料理に集中したい方や、プライベートな空間・時間を持ちたい方に人気のあるタイプです。

また、オープンキッチンやセミオープンキッチンのように、料理中の臭いがリビング・ダイニング内に漏れないというメリットがあります。

レイアウト別キッチンの種類

キッチンは、形状とレイアウトによって細かく6種類に分けられます。

ここで、基本的なキッチンの形状と、レイアウト別の種類・特徴について詳しくお話しします。

I型キッチン

まず、I型キッチンですが、これはコンロ・シンク・調理スペースなどを横並びに設置したキッチンのことです。

シンプルな形状で使いやすいのですが、作業動線が長くなりがちです。

キッチンの幅が長すぎると、人によっては使いづらいと感じるかもしれないので、キッチン幅には注意が必要です。

2型キッチン

I型キッチンを向かい合うように2つ設置したのが2型キッチンです。

I型キッチンに比べて省スペースで、収納スペースの確保が簡単なタイプです。

作業動線も短いため、使い勝手の良いキッチンとして人気があります。

L型キッチン

I型キッチンに90度のカウンターを設置することで、上から見たときにLの字型に見えることからL型キッチンと呼ばれています。

動線が短く、効率的に作業をおこなえるので、2型キッチン同様使い勝手の良いキッチンです。

U型キッチン

L型、壁付け、対面のすべての要素を取り入れた、少し変則的なキッチン形状です。

どのタイプのキッチンよりも作業動線が短くなりますが、設置には広いスペースが必要となります。

アイランドキッチン

オープンキッチンの1タイプで、リビングの中心にキッチンを配置します。

ペニシュランキッチン

オープンキッチンの1タイプで、壁付にキッチンを配置します。

壁に面していることで、収納スペースを確保しやすいキッチンです。

組み合わせによって変わる空間演出

オープンキッチン

オープンキッチンはデザイン性に優れ、開放感あふれる空間演出にも最適なキッチンです。

おすすめは「アイランドキッチン」「ペ二シュランキッチン」「2型」の3タイプ。

アイランドキッチンはデザイン性に優れていますが、収納スペースの確保が難しいというデメリットも存在します。

収納スペースを確保しつつオープンキッチンにしたいなら、2型キッチンがおすすめです。

ただ、設置には広いスペースが必要なので、リビング・ダイニングの広さとのバランスを良く考える必要があります。

収納スペースを多くしたい場合、壁側に収納を取り付けられるペ二シュランキッチンを採用すると良いでしょう。

セミオープンキッチン

セミオープンキッチンにしたい場合は、I型・L型・U型から選ぶと良いでしょう。

オープンキッチンほど開放感はありませんが、調理スペースが外から隠れるので多少散らかっても気になりません。

ただ、U型にするときは広い設置スペースが必要になることを覚えておいてください。

クローズドキッチン

クローズドキッチンか壁付キッチンを選ぶ場合は、I型・L型・U型がおすすめ。

シンプルで使いやすい形状なので、料理に集中したい人にはもってこいのキッチンです。

キッチンレイアウトを考えるコツ

キッチンのレイアウトを考えるとき大切なのは、空間に合う特徴を持つキッチン形状を選ぶこと。

それぞれのメリットを活かしつつ、デメリットを解消する組み合わせを選ぶと、キッチンの使い勝手が良くなります。

デザイン性と機能性を両立させられるレイアウトはどれなのか?

それを基準にすることで、より使いやすいキッチンにすることができるので、このポイントを押さえて理想のキッチンを手に入れてください。