玄関ポーチの設計で抑えておきたい9つのポイントとは

1.玄関ポーチの屋根をフラットにすると掃除が大変に

玄関ポーチの屋根は、住宅に出入るするとき雨に濡れないよう設置するものですが、形状によっては建てた後のメンテナンスが大変になります。

最近の傾向として、フラットルーフの採用が目立ちますが、フラットルーフには屋根の上を掃除しにくいというデメリットがあります。

その形状から枯葉などのゴミが自然に落ちにくいので、上階からフラットルーフの上を見たとき、汚れが溜まったひどい状態になっていることも少なくありません。

ただ、2階の窓からホウキなどでゴミを簡単に落とせる距離になるよう設計すれば、このデメリットがなくなります。

玄関ポーチのプランは、掃除やメンテナンスを考慮して立てておくことをオススメします。

2.玄関ポーチや土間の床をタイル仕上げにすると割れが多くなる

玄関ポーチの仕上げ材としてよく採用されるタイルですが、素材によって割れやすいものがあることを覚えておいてください。重いものや硬いものを落としただけで割れることもあります。

特に、タイルが浮いているとちょっとしたことで割れることがあるので、丁寧に施工してもらい浮きがないようにしてもらう必要があります。

床材にタイルを採用するなら、建物完成時の施主点検で浮きがないか入念にチェックしてください。

専門家に第三者として施主検査に立ち会ってもらえば、打診棒によるチェックをしてくれるはずなので、立ち合いの依頼も検討するといいでしょう。

3.濡れていても滑りづらい床材を選んで家族の安全を確保

タイルは素材によって非常に滑りやすいという問題があります。

玄関ポーチでは屋根を設置しますが、雨の強さや風向き次第で吹き込みます。

また、床が濡れていなくても靴濡れている状態でポーチを歩くことになるので、吹き込みがなくても注意しないと転倒する危険があります。

安全面から考えても、玄関ポーチの床材には滑りにくいものを採用するべきでしょう。

建築会社や設計者があえて滑りやすい床材を提案することはないと思いますが、施主からの指定に対して、リスクの説明してくれない場合もあります。

施主自ら床材を選ぶときは、安全性についてしっかり説明を受ける必要があります。

ポーチ床用のタイルは滑り止め対応がされているものが多いので、いろいろな床材の中から好みのものを選ぶことが可能です。

ただ、滑り止めの対応がされたものは掃除しにくいものが多いので、それを理解したうえで選びたいところです。

4.雨に濡れないために、傘を広げられるスペースを確保する

雨の日には、玄関ポーチで傘をさしてから出かけることになります。

このとき、玄関ポーチの屋根の大きさが十分でないと、傘をさすために玄関ポーチから出なくてはいけません。

雨の強さによっては玄関ポーチの中に入れも濡れることはありますが、いつも濡れてしまってはポーチを設置した意味がなくなってしまいます。

玄関ポーチは、最低限傘をひろげられるスペースを確保して設計することをオススメします。

5.玄関のドアを開けたとき、ポーチにいる人を外に押し出さないスペースを

玄関ポートの床は、ある程度ゆとりを持ったスペースを確保してください。

ポーチの床が狭いと、外でドアを手前に引いたとき一度ポーチから下りる必要が出てきます。

雨の日には濡れながらポーチの出入りをしなればいけなくなります。これでは、せっかくポーチを設けた意味が薄れてしまいます。

これは都市部の狭小地に住宅を建てたときに起こりがちですので、プランを立てる際は十分なスペースが確保できているか気をつけてチェックしてください。

6.手すりの設置

注文住宅を建てるとき、バリアフリーへの対応を考えることはとても大切です。

玄関ポーチのに関していえば、手すりの設置がバリアフリー対応として挙げられます。

ご家族で手すりを必要とする人がいる場合、屋内だけでなく玄関ポーチにも必ず設置してください。

7.スロープを設置する

手すり以外のバリアフリーとしてスロープの設置も検討するといいでしょう。特に車椅子が必要な家族がいる場合は必須になります。

ただ、スロープを設置するには広い敷地が必要になりますから、敷地面積にゆとりがないと設置は難しくなります。

8.配達物の受け取り方法

新聞や郵便物を入れるポストを敷地内に設置しておけば、配達物が人目に触れることがありません。

ポストは様々なデザインのものがあり、住民のこだわりや好みが反映されやすいものの1つです。

原版ポーチ周りは家の外観を形成する大切な要素で、そのイメージはポスト1つで大きく変わります。

また、家を留守にすることが多い人にとって便利なのが、一戸建て住宅用の宅急便BOXです。外出が多くて宅配物の受け取りがなかなかできない人は、設置を検討してみてはどうでしょうか。

9.浸水リスクの解消を

玄関ポーチの床面と基礎の天端の高さが同じくらいの高さだと、天端のパッキンから浸水することがあります。

また、雨が強く降ったときは床面からの跳ね上がりも問題になるので、こうしたリスクがないか設計師によく確認しておきましょう。

床下への浸水や床上の換気不足は、床下環境の悪化やカビの発生を招く恐れもあります。

玄関スペースの設計に関する関連記事
【注文住宅 間取り】住宅の顔である玄関の設計

【注文住宅の間取り】明るい玄関ホールとバリアフリー対応廊下

2018年7月28日玄関注文住宅, 間取り, 外壁・屋根・玄関