工務店の請負契約

工務店の請負契約

工務店と請負契約を結ぶタイミングは会社によって異なりますが、大きく下記の2種類に分けることができます。

詳細・仕様打合せをする前

工務店の提案する標準仕様をもとにプランの打合せを行い、請負契約を結んだ後に詳細・仕様打合せを行います。

この場合、まずは依頼する工務店を決めるという意味合いが強く、契約後に詳細・仕様打合せを行うので、請負契約時より価格が膨らむこともあります。

契約前後の価格がかけ離れたものにならないためにも、契約書に添付されている図面の内容、仕様書、見積書を確認し、現時点で何が含まれ、何が含まれないのかをしっかり確認する必要があります。

詳細・仕様打合せ後に契約

設計や詳細・仕様打合せを行った後に契約するため、契約後に価格が大きく変動する心配がありません。

ただし、最初のプランの段階では、完全に設備や仕様の要望まで把握することが難しいので、最初のプラン提案時に比べると、価格が高くなったと感じるかもしれません。

契約書のポイント

請負契約時には、「工事請負契約書」「契約約款」「工事費内訳明細書」「仕様書・仕上表」「設計図書」などが用意されます。

ここで、契約書で見ておくべきポイントをご紹介します。

工期

着工日、竣工日、引渡日の具体的な日付けが明記されています。

支払い時期

着手金、中間金の支払いの時期や金額を確認します。

請負金額と契約内容

請負金額や「工事内訳明細書」、「仕様書・仕上表」、「設計図書」等の添付書類が打合せ内容と相違がないかを確認します。

契約約款

瑕疵担保責任や工事遅延の対処法、違約金について、不可抗力の災害に対することなど、トラブルが起きた際の対応が明記してあるか確認します。

アフターメンテナンス

法律で義務化された瑕疵担保責任の他に、引渡し後の定期点検などを行うアフターメンテナンスの内容を確認します。

2018年7月27日工務店注文住宅, 建築会社選び