住宅ローンの金利を比較してみた

住宅ローン注文住宅, 見積もり・費用, 住宅ローン

注文住宅見積もり

住宅ローンの3つの金利

住宅ローンの金利は、大きく分けると「固定金利」「変動金利」「機関選択型固定金利」の3つに分かれます。

しっかりした住宅ローンの知識がないと、どの金利で借り入れすればいいか悩むと思います。

しかし、知識がないからと適当に選んでは、後々後悔することになるでしょう。

後悔しないためには、施主自身が金利の違いをしっかり勉強する必要があります。これから、それぞれの金利の特徴を詳しく解説するので、住宅ローンの金利を選ぶときの参考にしてください。

全期間固定金利型と特徴とメリット

全期間固定金利型は、フラット35と同じように、借り入れから完済まで金利が一定の住宅ローンです。

借り入れ後に金利が上がったとしても、それに影響されることなく、借りたときの金利が完済するまで適用されます。月々の返済額が一定に保たれるため、返済計画を立てやすいタイプになります。

返済額が変わらないため、借り入れ後に利子が増える心配もないため、安心感のある住宅ローンといえます。

ただし、将来の金利変動リスクは金融機関が持つため、金利自体は1番高く設定されていることを覚えておいてください。

現在は金利が安いため、今のうちに固定金利で住宅ローンを組むのも1つの方法です。

全期間固定金利がオススメの人

全期間固定金利型住宅ローンの最大の特徴は、金利が安定していることです。

これから子供の学費や養育費がかかる、老後の貯金を考えている人にオススメの住宅ローンです。返済額が安定しているため、返済計画が立てやすいのが理由です。

注文住宅を建てると、予想以上にお金がかかるものです。このとき、金利が一定でないと返済計画が立てにくいため、安心した支払いをしたい人には特に向いているといえます。

変動金利型住宅ローンの特徴

変動金利型住宅ローンは、借り入れから完済までの間に金利が定期的に見直されるタイプです。

つまり、返済額が金利水準に左右され、月々の返済額が変化するということです。

金利は銀行が企業に融資するうえで、業績面で好調な優良企業に適用するもっとも有夫遇された金利(短期プライムレート)で変わります。

見直し時期は毎年4月1日と10月1日の2回で、その後、レートをもとに金利を算出し、7月と翌1月の返済分から適用となります。

ただし、金利が変わるからといって返済額にすぐ影響が出るわけではありません。月々の返済金額は5年間変わらないというルールがあるからです。そのため、返済額が変化するのは5年ごとになります。

また、返済金額は「1.25倍以上は増えない」という制限もあります。

見直しごとに金利が安くなれば得しますが、月々の返済額が上下する可能性があるため、返済経計画を立てにくいというデメリットがあります。

変動金利型がオススメな人

変動金利型は月々の返済額が安定しませんが、安い金利で借り入れできるため、月々の返済額を抑えられるというメリットがあります。

そのため、固定金利の返済額では経済的に注文住宅の建築が難しいという人に向いています。

ただ、変動金利は返済額が上がる可能性があることを忘れないでください。

返済期間が短いのであれば影響は少ないですが、長期でローンを組む人は注意が必要です。

期間選択型固定金利住宅ローンの特徴と注意点

期間選択型固定金利ローンを組むときは、まず固定金利の期間を選択することになります。

2年、3年、5年、10年などの期間から、金利を固定する期間を指定します。固定金利期間が終了した時点で、変動金利か固定金利かを選択することができます。

あらかじめ立てた返済計画をもとに、固定金利の期間を選択すればよいでしょう。

一般的には、固定期間終了後は、変動金利を選択する人が多くなります。ただ、金利タイプを変更する時点で金利の水準が高ければ、再び固定金利を選択することが可能です。

経済状況に合わせて金利タイプを選べるのは、大きなメリットです。

ただし、固定期間が長くなるほど金利が高くなることは注意が必要です。

期間選択型固定金利がオススメの人

期間選択型固定金利は、選んだ機関だけ金利を固定させておきたい人に向いているローンといえます。

例えば、子供が大学を卒業するまでのお金がかかる期間は固定金利にして返済額を安定させておきたいなどの場面でオススメです。

また、定年退職までは固定金利で月々の返済額を安定させ、固定期間が終了した時点で退職金を使い一括編成したいという場合にもオススメです。