民間ローンのメリットとデメリット

民間ローンのメリット

民間ローンの最大のメリットは、金融機関によって利用条件に幅があるということです。

特に審査に関しては、ある銀行では審査が通らなくても、他の銀行では審査が通るというように、申し込む機関によって融通が利く場合が多いのです。

したがって、1つの金融機関でダメだったからといってあきらめる必要はありません。2社3社と申し込めば、審査の通る金融機関が必ず見つかるはずです。

物件については、明確な基準が設けられているわけではありません。シンプルに物件の担保価値を個別に判断して審査されます。

この点は、融資が受けられる物件について厳しい要件があるフラット35とは大きく違う点になります。

バリエーションが豊富な団信があるのも民間ローンならではの魅力です。

このほかにも、預金の残高が一定以上になったら、超えた金額を自動的に繰り上げ返済するサービス、毎月返済額を一時的に変更できるサービスなど、利用者が返済しやすいサービスが次々と登場しているのも大きな魅力の一つでしょう。

民間ローンのデメリット

ほとんどの場合、民間ローンは変動金利になります。変動金利で借りている以上は、金利上昇のリスクは住宅ローンの利用者が背負っています。

金利が上昇すれば返済額も上がり、払えなくなる可能性があることには十分注意が必要です。

また、民間ローンは団信への加入が義務付けられていますが、健康上の理由で団信に加入できない人は、民間の住宅ローンを利用することができません。