預金連動型ローン

金利が0で融資が受けられる!?

預金連動型ローンとは、預金残高と同額の借入金については金利がかからないローンのことを指します。

たとえば、預金残高が700万円ある人が預金連動型ローンで2500万円の融資を受けた場合、2500万円から預金残高の700万円を差し引いた1800万円に対してのみ利息を払えばいいことになり、実質700万円を繰り上げ返済したのと同じ効果が得られるのです。

ただし、金利はゼロでも融資額に応じた手数料はかかりますので、まったく費用が発生しないわけではありません。

以前の預金連動型ローンは、預けた普通預金には金利がつかず、返済期間中ずっと資金を寝かせておかなければいけませんでした。

しかし最近は、金融機関によっては外貨預金や一部の定期預金でも預金残高にカウントされるようになりました。

この部分については通常の外貨預金や定期預金と同様に、金利を受け取ることができ、お金をより有効に活用できるように工夫されるようになったのです。

必要なときにお金が使える

住宅ローンの繰り上げ返済と預金連動型ローンの違いは、お金を手元に残しておける安心感にあります。

住宅ローンは通常、長期に渡って返済していくものです。その間、子供の進学や転職などでライフプランが変わって、急にお金が必要になることもないとは言い切れません。

いったん返済してしまったら取り戻すことができない繰り上げ返済に対して、預金連動型ローンならば、必要なときにいつでも引き出してお金を使うことができるのです。