注文住宅にエレベーターを設置

注文住宅ブログ注文住宅, 間取り


一戸建て住宅に暮らすとき、将来不安に感じることと言えば階段の上り下りです。

特に3階建てでは高齢者にとって階段の上り下りが大きな負担になります。

家の中で最も多い事故現場は階段です。万が一の事故を防ぐため、家の中にエレベーターを設置する家庭が最近増えています。

また、何かの理由で車椅子生活になったときにホームエレベーターの設置を決める人も多いようです。

そこで今日は、ホームエレベーター設置にかかる費用やランニングコスト、設置にかかわる注意点を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ホームエレベーターにかかる費用

ホームエレベーターと言うと、非常に高額なイメージがあるのではないでしょうか。

しかし、近年はバリアフリー推進に伴い、低価格の機種が各メーカーから売り出されており、ホームエレベーターの個人宅設置に関しては、敷居が低くなっています。

では、ホームエレベーター導入には実際にどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

ホームエレベーター費用には、大きく分けて「設置費用」と「ランニングコスト」がかかります。

1. 設置費用

メーカーが公表している希望小売価格は「本体価格」と「設置工事費」を合わせた価格であることが多いです。

設置する建物の構造、エレベーターの種類と広さなど、さまざまな要素で価格が変動しますが、一般的なホームエレベーターは、本体価格と設置工事費を合わせて250万円~460万円程度になります。

ただし、これは注文住宅を建てる際、または吹き抜け部分に設置する場合の費用です。

すでにある建物を部分的に解体もしくは増築などしてエレベーターを設置するには、さらに追加で費用が発生することが多いので、事前に確認してください。

また、エレベーターを自宅に設置するには、エレベーター専用の確認申請が必要です。

これは、設置するエレベーターが建築基準法に適応しているかを役所に確認してもらうために行うものです。

この確認を受けないと、エレベーターは設置できません。

また、増築が必要な場合、その増築部分が10平方メートルを超える場合は建物自体の閣員申請が必要になります。また、建物が防火地域にある場合も同様です。

確認申請にかかる費用は、おおよそ10万円~15万円程度だと思います。

2.ランニングコスト

エレベーターは電気で動かすので、当然電気代がかかります。おおよそですが、1日平均20回程度利用した場合、1ヶ月あたり500~600円くらいの電気代がかかります。

また、エレベーターの所有者は定期点検を受ける義務が発生します。

ほとんどは、そのエレベーターのメーカーと購入者がメンテナンス契約を結び、その一環として定期点検を行います。

この点検にかかる費用は、年間で4万円~7万円が目安となります。

また、エレベーターを設置することで建物自体の評価額が上がり、固定資産税が2万円程度高くなります。

ホームエレベーター設置の注意点

個人宅へのホームエレベーター設置にかかる費用が安くなってきたと言っても、決して安い買い物ではありません。

サイズが小さければ安上りますが、乗れる人数が減る、車椅子のサイズによっては乗れない、荷物の上げ下ろしに適さないなど、サイズを小さくすることで発生する弊害もあります。

ホームエレベーター設置の際は、目的を明確にしておくことが大切です。

そのうえで、それぞれの家庭で必要な機能性やアフターサービスを検討する必要があります。

今日のまとめ

ホームエレベーターは、リフォームで既存の建物に設置するより、新築時に設置するほうが費用を抑えられることもあり、将来を見越して新築時に導入する家庭が増えています。

赤ちゃんや高齢者がいる家庭や、2階にリビング・ダイニングを設置する家庭は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。