ゴミ箱置き場を考慮した清潔感あるキッチンに

注文住宅見積もり

キッチンのプランニングで忘れがちなゴミ箱置き場

キッチンのプランニングでは、調理のしやすさ、デザイン性、掃除のしやすさを考慮しながら本体や機器を選んでいきますが、意外に忘れがちなのがゴミ箱を置くスペースの考慮です。

住んでいる地域で差がありますが、通常キッチンから出るゴミは、何種類にも分類して捨てる必要があり、当然それに対応できるゴミ箱の数も必要になります。

ゴミ箱スペースをあらかじめ考えた空間作りをしないと、ゴミ箱を置くスペースを確保するのが難しいといった問題が発生します。

キッチンをスッキリとした清潔感ある空間にするには、ゴミ箱の定位置をしっかり決めておくことが大切です。

家を建てる地域のゴミ分別方法を確認してスペースを確保する

ゴミ箱スペースを決める前に確認しておきたいことが、地域のゴミの分別ルールや収集回収などです。

これまで住んでいた地域に家を建てるのであれば必要ありませんが、引っ越しにより違う地域に住むことになるのであれば、事前にゴミ出しルールを確認しておきましょう。

そうすることで、必要なゴミ箱の数や大きさが分かり、どれだけのスペースを確保するべきかが見えてくるのです。

また、現在のライフスタイルだけでなく、将来家族が増えたときにゴミが増える可能性があるので、ある程度の余裕を持たせたプランを立てておくべきでしょう。

現在のゴミ捨てにかかわる不便さや不都合さを洗い出すことで、プランニングがしやすくなります。

キッチンまわりのスペースを確保する

調理などキッチンで作業をするときに出るゴミを捨てるゴミ箱は、できるだけ移動しないで捨てれたほうが何かと便利です。

一般的なのは、キッチンカウンターの下や冷蔵庫の横などで、置く予定のゴミ箱のサイズや数に合わせてスペースを確保しておく必要があります。また、キッチンに隣接してパントリーを作るのであれば、その中に収納することも可能です。

キッチンプランを立てるには、空間全体の使い勝手を十分に考えてプランを立てたいものです。

ゴミ箱置き場を考慮した設計のシステムキッチンも

キッチンメーカーのシステムキッチンには、あらかじめゴミ箱置き場が確保されているタイプが多くみられます。

メーカーや商品によって違いがありますが、カウンターの下にスペースを確保したユニット、キャスター付きの引き出しに複数のゴミ箱を置けるようになっているものなどがあります。

食器や家電製品を収納する「周辺収納ユニット」が設置され、それらがスッキリ収まる収納性に優れたタイプも。また、キッチンとダイニングの両方から使いやすいカウンターキャビネットにゴミ箱を収納できるタイプもあります。

キッチンのプランニングを成功させるには、必ずショールームなどで実際に商品を確認することが大切です。設定されたスペースやゴミ箱の容量、使い勝手、操作性などを入念に確認しておきましょう。

勝手口まわりのゴミの一時保管場所として活用

地域やゴミの種類にもよりますが、ゴミの品目によっては収集が週に1回というケースもあります。収集日までにキッチン周りに置ける余裕があればいいのですが、ゴミ箱が一杯になるとキッチンでの作業が不便になることもあります。

キッチン内の空間が足りなかったり、ゴミの臭いが気になるときは、収集日まで別の場所に保管できる場所が必要になります。たとえば、勝手口周りや物置などです。

リビングを2階に配置するのであれば、バルコニーなどを設けておくこともオススメの方法です。

道路までの動線を考慮する

キッチンプランに限ったことではありませんが、住宅のプランニングでは実際の生活をイメージして立てることが大切です。ゴミ箱の設置場所や一時保管場所を平面図に書き込み、日常の使い勝手がいいかを確認しましょう。

保管場所から室内外の出入り、前面道路までの動線も考慮すべきポイントの1つです。ゴミを玄関から持って出るのか、勝手口から持って出るのかなど、収集場所への動線も考慮しておきましょう。

住宅全体に比べれば、ゴミ箱置き場は小さなスペースですが、使い勝手の良し悪しは日常生活に大きく影響します。

キッチンのプランニングでは、調理からゴミ出しまでトータルに使いやすい空間作づくりを十分に検討することが大切です。

2018年7月28日キッチン注文住宅, 水まわり設備, キッチン