元利均等返済

金利の動向と住宅ローンのタイプの選び方

今後の金利をどう読むかによって、どんな金利タイプの住宅ローンを選ぶかも変わっていきます。

金利の動向をつかむには何をチェックすればいいかをここでご説明します。

一般的に、長期固定金利型のローン金利は、国が資金を集めるために発行する10年物国債の利回りに影響を受けます。

国債の中でも最も流通量が多く、毎月発行されている10年物国債は、長期金利の指標とされています。

長期金利が変動する原因はいろいろありますが、一般には景気が良くなると上昇し、景気が悪化すると下がる傾向にあります。

10年物国債の利回りは、新聞の経済面に毎日掲載されていますので、全期間固定型や固定期間の長い住宅ローンの利用を考えている人は、ここをチェックする習慣を持ちましょう。

それに対して、短期金利の指標となるのが、短期プライムレートです。短期プライムレートは、銀行が信用力の高い一流企業に1年以内の短期間にお金を貸し出すときの優遇金利のことで、この短期プライムレートは、日銀のホームページで確認できます。

金利変動型や固定期間の短い固定期間選択型のローンは、短期プライムレートに影響を受けます。

長期金利は景気の影響を色濃く受けます。それに対して短期金利は日銀のゼロ金利政策など、政策による影響を強く受けます。

金利のこうした動向を予測することはプロでもなかなか難しいものです、しかし、こうした傾向を意識しながら新聞やニュースを見る習慣を持てば、自分なりの方針を立てることができるでしょう。