繰り上げ返済の仕組み

繰り上げ返済のは2つのタイプがある

繰上げ返済とは、返済期間中にまとまった金額を前払いすることで利息負担を減らし、総返済額を減らすことを指します。

融資額を大きくするには、できるだけ長い期間でローンを組むのが基本ですが、35年でローンを組んでも、実際にはもっと短い期間でローンを完済してしまう人がほとんどです。

それだけ、ローンを短い期間で返済できるように繰り上げ返済をする人が多いということです。

繰上げ返済したぶんの金額は、元金の返済にあてられるため、その部分の利息が軽減されます。

ですので、繰上げ返済をする時期が早ければ早いほどメリットは大きくなるわけです。

繰り上げ返済には、返済したぶん返済期間を短くする「返済期間短縮型」と、毎月の返済額を減らす「返済額軽減型」の2つがあり、繰り上げ返済するたびにどちらかを選択できるのが普通です。

結論からいうと、繰り上げ返済の効果がより高いのは返済期間短縮型です。返済期間が短くなればなるだけ支払うべき利息が減るので、総返済額が少なくなるからです。ただし、再度返済期間を延長することは基本的にはできません。

返済額軽減型の繰り上げ返済は、家計がどうしても苦しいときの緊急措置として考えるべきです。毎月の返済負担は減らせますが、総返済額は期間短縮型に比べて高くなってしまうからです。

また、繰り上げ返済をする場合には手数料が発生します。変動金利なら無料~5,250円ほどで、固定金利なら100万円未満で5,000~2万円、100万円以上だと3万円程度と、銀行によって手数料には差があります。

ただし、インターネットバンキングで繰り上げ返済の手続きをすると、手数料が割引もしくは無料になる銀行がほとんどです。

最近では、手数料が無料、預金が一定額を超えると自動的に繰り上げ返済を行ってくれるローンや、預金残高分の金利がかからない預金連動型ローンも登場しています。

フラット35では、繰り上げ返済日の1ヵ月以上前に申し込む必要があり、繰り上げ返済できる金額は100万円以上で、手数料は不要です。