注文住宅にかかる税金

注文住宅にかかる税金

注文住宅を建てる際にはさまざまな税金がかかり、一番代表的なのが消費税です。税金の総額は決して小さいものではないので、あらかじめ資金計画にしっかりと盛り込みましょう。

なお、消費税は土地代金、ローン保証料、火災保険料、生命保険料を除く費用すべてにかかってきます。

印紙税

土地の購入時設計の依頼時、工事の依頼時、住宅ローン設定時にそれぞれの契約書に対して印紙税がかかります。

契約書は通常2通つくりますので、そのうち1通分を建て主が払うことになります。契約書を1通しかつくらない場合は折半となります。税額は、国税庁のホームページ内にあるタックスアンサーで確認することができます。

登録免許税

登記免許税は、土地や建物の登記時、また住宅ローンを借りるための抵当権設定時にかかる税金です。

税額は登記の種類ごとに異なり、場合によっては軽減措置もあります。この税額も、国税庁タックスアンサーで確認することができますので、気になる方は上のリンク先ページでご確認ください。

不動産取得税

土地や建物を取得した時にかかる都道府県税です。通常は、土地や建物を取得し登記を行うと都道府県税事務所から課税通知書が届きますので、それに従って納めます。

土地にかかる税額と建物にかかる税率は異なり、それぞれ一定の要件を満たせば、軽減措置を受けることができます。

税率は固定資産税評価額の3~4%ほどですが、都道府県によって異なることがありますので、各都道府県税事務所でご確認してください。

固定資産税

土地や建物を所有しているとかかる市区町村税です。

家づくりに関する税金のほとんどが取得した時に1回だけかかるのに対し、固定資産税は住宅を所有している限り毎年かかります。

ただし、毎年1月1日現在の所有者に対してかかる税金ですので、例えば1月2日に土地や建物を所有した場合には、翌年からかかるということになります。

送られてくる課税通知書に従って、毎年4分割して納めるか、一括して納めることになります。

税額は固定資産税評価額(取引金額ではありません)の1.4%ですが、市区町村によって異なることがありますので、各市区町村のホームページでご確認ください。

都市計画税

都市計画法に定められた市街化区域内などに住宅を所有している場合にかかる市区町村税で、固定資産税と同じく所有していると毎年かかる税金です。

固定資産税の課税通知書に記載されていますので、併せて納めます。

税額は固定資産税評価額(取引金額ではありません)の0.3%ですが、市区町村によって異なることがありますので、各市区町村のホームページでご確認ください。

2018年7月25日注文住宅の費用注文住宅, 見積もり・費用