ローンを組み合わせる「はんはんプラン」

2つのローンを組み合わせてリスクを分散

住宅ローンを借りるときに、この先金利が上がっていくと考えるなら、金利が低いうちに長期で固定金利型のローンを借りておきたいところです。

一方これから金利が上がらないと考えるなら、変動金利型や短期の固定金利型のローンを選んでおいたほうが、毎月の返済額を少なくできます。

こうしたあらゆるケースを想定してリスクを分散しておきたいと考えるなら、タイプの異なるローンを組み合わせて利用する「はんはんプラン」を選ぶといいでしょう。

「はんはんプラン」で固定金利型と変動金利型のローンを組み合わせて利用すれば、お互いのメリットを生かしつつ、デメリットを補い合うことができます。

たとえば、全期間固定金利型と変動金利型のローンを半分ずつ借りておけば、その後の金利が上がっても、固定金利部分の返済額は維持でき、返済額の増額を抑えることができます。

また、金利が上がってきたら変動金利のローン、低金利が続くなら固定金利のローンを先に繰り上げ返済するといった工夫をすることで、将来の利息負担を効果的に減らすことができます。

2つのローンを組み合わせるには、フラット35と民間ローン、財形住宅ローンと民間ローンなどというふうに、まったく別々のローンを組み合わせる方法と、1つの金融機関から2タイプのローンを借りる方法があります。

どちらもリスクを分散する効果は同じですが、ローン契約にかかる諸費用は、1つの金融機関から借りたほうが安くできます。