住宅ローンのボーナス返済

ボーナス付きは返済額を上乗せ

ボーナス返済は、ボーナス時に住宅ローンを増額して返済することです。

毎月返済額とボーナス返済分に分けて住宅ローンを借りるので、ボーナス月にはボーナス返済分を上乗せして支払います。

ボーナス返済では6ヶ月に1度しか元本部分を減らせないので、毎月返済分と同じ金利で借りたとしても、ボーナス返済のほうが利息を多く支払うことになります。

ボーナス返済を利用する返済プランでは、ボーナス返済のない場合より、総返済額もわずかに多くなります。

ボーナス返済分は、一般的に借入金の40~50%まで設定できるので、ボーナスのある人は、ボーナス返済を上手に活用すると月々の返済負担を少なくできます。

しかし、ボーナスをあてにして、ボーナス月の返済額を大きくすることは、あまりおすすめできません。

なぜなら、ボーナスは景気の変動によって金額が大きく左右されるものだからです。

現在ボーナスが支給されている会社でも、景気が悪くなってしまうと、ボーナスが半減したり、突然なくなったりすることもある可能性があるからです。

また、最近では給与体系に年棒制度を導入することで、ボーナスがなくなってしまうケースもあります。

なお、返済期間の途中でも、ボーナス返済分を毎月返済分に変更することは可能です。