フラット35のデメリット

長期固定金利は金利が高めに設定されている

長期固定で、保証料や繰り上げ返済手数料も無料であったり、借り換えにも対応しているなどメリットばかりに見えるフラット35ですが、デメリットや注意点も存在しますので、よく確認してください。

まず、フラット35最大の特徴である長期固定金利ですが、通常は変動金利や固定金利期間選択型に比べて金利が高めに設定されています。

長期固定金利で借りるメリットは、今後金利が上昇しても返済額が変わらないため、返済計画が立てやすいことにあります。

しかし、固定金利を選んだ後も金利が上がらず、ずっと低金利の状態が続いた場合には、結果として割高な金利を払い続けることになる可能性もあるのです。

また、フラット35の金利は、融資実行時点のレートで計算されて適用されます。そのため、融資実行までの間に金利が上昇してしまう可能性があることも知っておいてください。

このほかに、保証料や繰り上げ返済手数料が無料であったりと、手数料の安さが強調されるフラット35ですが、フラット35ならではの費用として、団体信用生命保険の保険料があります。

団信は民間ローンを借りても加入しますが、保険料は金利に含まれていると考えるため、利用者が直接支払うことはありません。

しかし、フラット35を借りて団信に加入した場合は、毎年保険料を支払わなければならないのです。

団信の保険料は、ローン残高1000万円に対し、年払いで3万5800円となります。これで計算していくと、3000万円の融資を受けた人ならば、最初のうちは年間で10万円以上の保険料を支払うことになり、住宅ローンを抱える家計にとっては大きな負担に感じるものとなります。