フラット35Sの適用条件

フラット35Sには2つの金利プランがあります

購入する物件が、省エネ性や耐震性について通常のフラット35よりも厳しい基準を満たした場合に適用されるのが、フラット35Sです。

フラット35Sでは、一定期間、金利がフラット35からさらに0.3%引き下げられます。

現在、住宅の性能によって金利の引き下げ期間が10年間のAプランと、5年間のもののBプランの2つの金利プランがあります。

また、フラット35Sには予算金額があり、いつでも申し込めるものではありません。

あらかじめ予算金額に達する見込みとなった場合は、受付けが終了し、受付け終了の3週間前なまでには、フラット35のサイトに掲載されます。

フラット35Sが利用可能な住宅の基準

フラット35Sは、フラット35の技術基準に加えて、さらに厳しい基準をクリアする住宅と認定されれば申し込みができます。

技術基準には、省エネ性や耐震性・可変性、耐震性、バリアフリー性の4つの視点がありますが、4つすべてを満たす必要はなく、どれか1つの基準が該当すれば対象となります。

金利引き上げ期間5年のBプランより、引き下げ期間が10年のAプランのほうが、技術基準はやや厳しめになっています。

2012年12月からは、金利Aプランの技術基準に、認定低炭素住宅が追加され、省エネ性に配慮した住宅は、フラット35Sが使いやすくなっています。