キッチン換気扇の選び方

注文住宅見積もり

キッチンの快適さは換気扇が左右する

キッチンの設備で、換気扇の性能や機能はキッチンスペースの快適さを左右する重要な設備の1つです。

各メーカーでも、機能性だけでなくデザイン性や掃除のしやすさを考慮した商品を取り揃えています。

注文住宅で採用されることが多いシステムキッチンには、商品ごとに換気扇があらかじめ数種類設定されていて、その中で選択することになります。

換気扇にこだわるのであれば、事前にどんなタイプの換気扇が設定されているのかを確認しておくことが大切です。

換気扇とフードで構成されたタイプ

換気扇はレンジフードとも呼ばれますが、機器としては換気扇(ファン・システム)とフード(覆い)に部分分けすることができます。

多くの方に採用されるシステムキッチンのアイテムとしては、換気扇とフードをまとめてレンジフードやフードと呼ばれることもあります。

キッチンのプランニングでは、ガスコンロやIHクッキングヒーターなどの設備と同時に適したタイプを選択していきますが、アイランドキッチンや対面キッチンなど、キッチンプランによって取り入れるタイプが異なる場合もあります。

キッチンプラン全体はもちろん、住宅内の換気計画にもかかわる重要な設備なので、どの換気扇を選択するか慎重に検討する必要があるでしょう。

プロペラファンかシロッコファンか

換気扇(ファン・システム)は主にプロペラファン(直接排気式)とシロッコファンタイプ(ダクト排気式)に分けられます。

プロペラファン(直接排気式)

プロペラファン(直接排気式)は、屋外に直接排気できる場合に設置されるタイプで、従来の戸建て住宅を中心によく見られ、価格も比較的安価となります。

取付けが簡単で排気量が多いのがメリットとしてあげられます。外壁面にプロペラファンを設置してフードを組み合わせるため、分離式と呼ばれることもあります。

シロッコファンタイプ(ダクト排気式)

シロッコタイプ(ダクト排気式)は、ダクトを天井裏や壁に配置し、煙や湯気を排気口まで誘導するタイプです。

シロッコファンは羽根車の幅の狭い羽を多数取り付けられていて、フードに煙をためて拡散します。

ダクトを利用し4方向に自由に排気でき、アイランドキッチンや対面式キッチンなど外壁に面していないキッチンで採用されます。

浅型のフードを使用することが多く、羽根がファンの回転方向に対して後ろ向きに配置されているターボファンがあり、これらはフード本体とファンが一体化しているタイプとなります。

換気扇が持つ排気機能をしっかりチェックしましょう

●一般排気型
ファンによって排気のみを行なうタイプで、キッチン近くに排気口を設けて給気を確保する必要があります。

●同時給排気型
ファンによる排気とレンジフード本体に設けられた給気口から給気を確保します

●強制同時給排気型
ファンによって給気・排気を行うタイプで、高層住宅や気密性の高い集合住宅での採用が多くなります

ブーツ型やスリム型など、フードの形状も様々

●スリム型
スリム型はすっきりとしたデザインが特徴で、シロッコファンなどとフード本体が一体化したタイプです。

システムキッチンやウォールキャビネットと馴染むようなデザインのものが多くなります。

●ブーツ型
ブーツ型は昔からある馴染みのあるタイプで。プロペラファンとフードを組み合わせた分離型、シロッコファンとフード本体が一体化したタイプの両方があります。

●浅型
天井が低い、梁があるなど、設置スペースの条件が厳しい場合に取り入れられることが多いタイプで、シロッコファンやターボファンなどと一体化したタイプとなります。

そのほか、山のような傾斜がついたマントル型、筒型、ボックス型など、個性的なデザインを持つフードが設置されたタイプも見られます。特に海外の製品は印象的なデザインの商品が多く揃っています。

換気扇の設置場所

●壁付けタイプ・横壁(サイド)タイプ
キッチンのプランや間取りによって選択するタイプが異なります。独立型のキッチンや、ひとつの壁面にI型キッチンを設けるなら壁付けタイプ、オープンな対面キッチンであれば横壁付けを選ぶのが一般的です。

●天井付けタイプ
アイランドキッチンを採用するのであれば、換気扇は天井付け(センター)タイプを選ぶことになります。

換気扇の最近のトレンドは「汚れにくく」「掃除がしやすい」

最近の換気扇は掃除のしやすさを考慮し、ファンやフード本体、フィルターなどの形や加工に工夫が施された商品が増えています。

油汚れがつきにくいもの、長期間掃除をする必要がないもの、中には自動洗浄(セルフクリーニング)機能が搭載されたものまで登場しています。

フードも同様で、余計な溝や凹凸をつけないシンプルな形状にすることで汚れが溜まりにくくしたもの、フッ素や親水コーティングを施し汚れがつきにくく、手入れが簡単なものも種類が豊富になっています。

便利な機能を搭載して使い勝手を高めた換気扇も

さまざまな機能を持たせることで、利便性を高めた換気扇が注目を集めています。たとえば、加熱調理器を使うときに自動で換気をする自動運転タイプであれば、消し忘れなどの防止になります。

また、調理の熱や煙を探知し、自動で運転するタイプ、リモコンで遠隔操作できるタイプも人気があります。

そのほか、24時間換気タイプや使用する調理器具に合わせてタイプを選ぶこともできるようになっています。

デザイン性が高く、LDK空間に馴染む換気扇

ダイニング・リビングと空間を共有するキッチンの採用が増えたことで、性能は当然のこと、デザイン性の高い換気扇が数多く登場しています。

システムキッチンのユニットに馴染むデザインのもの、個性的なデザインや色使いで空間アクセントとなるタイプも注目を集めています。

キッチンの換気扇は、住宅全体の換気計画にも影響するので、性能やデザインだけで選ぶのではなく、どの換気扇を採用するのかを設計担当者とよく相談してください。

メーカーや商品によって特徴や操作性に違いがあるので、ショールームで操作性や動作音、メンテナンスのしやすさを確認することをオススメします。

2018年7月28日キッチン注文住宅, 水まわり設備, キッチン