【注文住宅 間取り】住宅の顔である玄関の設計

注文住宅の玄関の設計

玄関の設計では上り框の高さに注意

玄関土間から廊下へ上がる上り框の高さは玄関を設計するうえで重要なポイントです。

玄関土間で靴を脱いで廊下に上がりますが、この部分のバリアフリーを考えたとき、段差をなくすという方法がよく採用されます。

しかし、段差の有無はバリアフリーだけでなく利便性も考慮して考える必要があります。

確かに玄関土間から廊下への段差をなくせば出入りは楽かもしれませんが、その前に靴を脱ぐという作業が必要になります。

健康な人にとってもですが、特に高齢者が靴を脱ぎ履きするとき、段差があればそこに腰掛けて靴の脱ぎ履きができます。

どうしてもバリアフリーを優先するのであれば、ベンチやイスを設けるなど利便性を高める工夫をしましょう。

特にベンチを設けておくと、腰掛けるためだけでなく、買い物帰りの荷物の置き場としても活用できます。

バリアフリーの際に必須の手すりの設置

玄関ポーチでも触れましたが、玄関周りのバリアフリーでは手すりの設置は必須と考えましょう。

上り框の上り下りは高齢者には負担になるので、手すりを設置しておきたいところです。

玄関の収納スペースをどうするか

玄関の収納といえばシューズクローゼットです。収納する履物の量に応じた収納量を持つシューズクローゼットを設置しましょう。

収納するものが多いときは、ウォークインシューズクローゼットの採用も検討するといいでしょう。

ライフスタイルや家族構成にマッチした玄関収納を

玄関に収納するものは靴だけとは限りません。例えば、小さい子供がいる家庭では乳母車も収納するものに含まれます。

また、子供用の雨具や三輪車を置いておくスペースがあれば助かります。

高齢者がいる家庭では、買い物カートや車椅子の収納も考える必要があるでしょう。

こうした荷物を収納できる玄関収納は慎重にプランを立てる必要があります。ウォークインシューズクローゼットと物置スぺースを組みわせるのも有効なスペース確保の方法の1つです。

二世帯住宅の玄関

二世帯住宅では、玄関の配置は特に慎重に検討したいものです。

玄関を世帯ごとに分け、離れた場所に設置して互いのプライバシーを確保する方法もありますし、1つの玄関を共有する方法もあります。

家庭ごとで意見が分かれる部分なので、親世帯と子世帯でよく話し合ってからプランを決めるようにしてください。

玄関は住宅の顔です

注文住宅のデザインでは、どのような玄関ドアを採用するかで印象がガラリと変わります。

外壁との兼ね合いを考えることは当然ですが、門扉やコスト、植栽などインテリアとの兼ね合いも合わせて考えたいものです。

玄関のインテリアと照明

玄関は住む人のこだわりが現れやすいスペースです。使用する仕上げ材だけでなく、花や絵を飾ることで玄関のイメージ作りをする家庭は多いです。

どういった雰囲気の玄関にしたいのか具体的にイメージしながら、収納や収納量との兼ね合いを考慮してプランを考えておきましょう。

玄関の雰囲気は、インテリアだけでなく照明によっても変わってきます。

照明器具は建物の完成が近づいてから選ぶことが多いですが、ある程度どんな玄関にしたいかイメージしておいてから内装を選ぶことをオススメします。

空間全体を照らす照明とインテリアを照らすための照明を合わせて考えたいところです。

玄関を北側に配置した場合の採光はどうする?

北側に設置した玄関の採光
玄関の明るさを確保するには、照明だけでなく採光も大切になります。南側にリビングを設置した場合、玄関を北側に設置することが多くなりますが、その場合は採光が得にくく暗い玄関になりやすくなります。

北側に設置された玄関を明るく快適なスペースにしたいのであれば、トップライトやサイドライトを工夫したいところです。

鏡を設置する

玄関に鏡があれば、出かける前に全身のチェックができるので何かと便利です。鏡のサイズと立ち位置をイメージして設置する場所を決めましょう。

玄関収納の扉に設置することが一般的ですが、ウォークインシューズクローゼットのスペースが広いなら、その内部に設置する方法もあります。

断熱材

玄関は、プランによっては一部で断熱材がない箇所が生まれますが、断熱性を確保するには断熱材で建物全体を覆う必要があります。

玄関スペースの断熱材の設置をどうするのかを設計者にしっかり確認しておきましょう。

防犯対策をしっかり立てて家族の安全を確保する

家族の安全を確保する意味で、玄関の防犯対策はとても重要です。

ピッキングに強いディプルキーを採用する、ドア横にガラスを設けないなどの工夫で住宅の安全性を高めることができます。

玄関ドアの横に窓を設けて採光を得るプランが最近増えていますが、そのガラスを割ったところから腕を伸ばして玄関の鍵を開ける手口もあるため、窓を設置する時は玄関の鍵に手が届かないように十分な距離を取っておきましょう。

2018年7月28日玄関注文住宅, 間取り, 外壁・屋根・玄関