注文住宅をIoT住宅に

タイプ別注文住宅注文住宅

注文住宅見積もり

IoT住宅とは

IoTとは、Internet of Thingsの略で.直訳すると「モノのインターネット」となります。これは、パソコンやスマホなどのIT機器とインターネットがつながるだけでなく、それ以外のもさまざまな住宅の設備とつながることを意味します。

IoT化が進む現在、住宅分野でもIoT機器を活用した「スマートハウス」が登場しています。スマートハウスとはIotを利用して住宅のランニングコストを最適化する住宅を指します。

このスマートハウスの消費エネルギー管理に欠かせないのがHEMS(HomeEnergy Management System)というツールで、訳すると「住宅用エネルギー管理システム」となります。

住宅における消費エネルギーの最適化を図るために、家電、太陽光発電、給湯、蓄電池などのエネルギー機器をネットワーク化し、供給や使用の状況を総合的に一元管理するのがHEMSの役割です。

新たな取り組み

現在、ハウスメーカーや住宅設備メーカー、業界団体等と国が手動し、「災害・緊急時対応サービス」や「高齢者生活支援サービス」など、さまざまな取り組みが検討されており、民間企業においても事業化の動きが見え始めています。

一方で、個人情報の管理体制への不安、プライバシーの流出などさまざまな問題をクリアする必要があり、今後の対応や体制強化が求められています。