耐久性、耐火性に優れたALC

注文住宅ブログ注文住宅, 外壁・屋根・玄関

外壁材ALC
外壁材に何を選ぶかで、住まいの外観は大きく変わります。そのため、どうしても見た目を重視しがちですが、壁の素材で住宅性能がある程度決まることも忘れてはいけません。

外壁材選びは、住まいにどんな機能性を持たせるかの選択でもあるのです。

たとえば、耐久性や耐火性を重視するなら、ALCも選択肢の1つとなります。

ALCとは、高温高湿の蒸気で養生された多数の気泡を含み軽量コンクリートです。

1920年代のスウェーデンで開発され、ドイツやオランダなどの西欧諸国で改良が加えられました。

日本に伝わったのは1960年代に入ってからで、耐久性や耐火性に優れていることから、国土交通大臣から耐火材料として認可されている建材でもあります。

耐久性と耐火性に関しては、ほかの壁材の追従を許さず、ビルなどの防火区域の壁材としても使われています。

工場で規格生産され、現場でパネルを組み立てるため、施工期間が短いこと、耐久性が高く張り替えが50年前後必要ないのもメリットの1つです。

ただし、気泡を含んでいる分だけ耐水性能がコンクリートに劣るため、あらかじめ防水加工をした建材を選ぶ人があります。

また、定期的に継ぎ目部分のメンテナンスと補強作業が必要になる、コストが割高、見た目が地味というデメリットがあります。

ALCとよく似た建材にサイディングがありますが、性能面で大きな違いがあります。

まず耐久性。サイディングの耐用年数が20年~30年程度なのに対し、ALCは2倍近くの50年~60年となります。

施工性とデザイン性に関しては、色やサイズが豊富なサイディングに軍配が上がります。

両者のどちらを採用しようか迷ったときは、機能性重視ならALC、デザイン性や施工性重視ならサイディングという選び方をすればよいでしょう

今日のまとめ

内部に多くの気泡を含んだALCは、断熱性や耐火性、耐久性、防音性に優れた外壁材ですが、耐水性に難があるため、しっかりとした防水対策が必要です。

また、本体に比べ継ぎ目部分の劣化は早いため、定期的なメンテナンスを欠かさないようにしましょう。

住まいの機能性を重視するなら、ALCは優れた壁材と言えます。メリット・デメリットを把握したうえで、選択肢の1つとして検討してはいかがでしょうか?