料理好きならクローズドキッチンで決まり!?「使い勝手の良いキッチン」をとことん追求

クローズドキッチンのメリット
料理好きな人にとって、キッチンの使い勝手は注文住宅づくりの大切なポイントです。

最近はオープンキッチンやセミオープンキッチンが人気ですが、昔ながらのクローズドキッチンも、料理好きの人にとってメリットが多いキッチンです。

主婦にとってキッチンは多くの時間を過ごす場所です。デザイン性は大切ですが、それ以上に使い勝手も重視したいポイントのはず。

クローズドキッチンは古いというイメージを待たれがちですが、料理好きな人にとってメリットの多いキッチンとして、一定の人気を保っています。

ここで、クローズドキッチンの持つメリットを一度見直してみませんか?

クローズドキッチンのメリット

3方を壁に囲まれ、他の空間と独立した形状になっているのがクローズドキッチンの特徴で、独立型キッチンとも呼ばれます。

クローズドキッチンといえば、昔ながらのポピュラーなキッチンで、少し古い物件に取り付けられているイメージがあるかもしれません。

ただ、クローズドキッチンは料理好きの人にとってメリットも多く、注文住宅でも採用され続けています。

最初のメリットとして挙げられるのが、煙や音、臭いを気にせず料理ができるという点です。

オープンキッチンでは、臭いがリビング・ダイニングに漏れてしまい、壁紙にも臭いがついてしまうことがありますが、クローズドキッチンではそんな心配を一切する必要がありません。

キッチン自体が独立した形状になっているので、油はねなどでリビングやダイニングが汚れることがなく、来客時にもキッチン内が人目に触れないこともメリットです。

料理する人がより使いやすいように調理器具を自由に配置できるため、あなたが思い描くキッチンを実現しやすいことが、クローズドキッチンの最大の魅力であり、メリットにもなっています。

「使い勝手の良いキッチン」をとことん追求

クローズドキッチンは、料理を楽しみたい人やプライベートな空間で料理したい人にとってメリットが多いキッチンです。

リビングやダイニングの様子を気にすることなく料理に集中できますし、キッチン周りのスペースを確保しやすいため、調理器具や食品、料理本などたくさんのものを収納しておけます。

また「整理整頓が苦手」という人にもクローズドキッチンは向いています。オープンキッチンと違って、キッチン内をリビングやダイニングから見られる心配がないからです。

人目や見た目を気にすることなく、ぜひ「あなたにとって使い勝手の良いキッチン」を追求してみてください。

今日のまとめ

料理好きの人にとって、クローズドキッチンは料理に集中できるだけなく、自分だけのプライベート空間を持てるという、ある意味理想的なキッチンです。

リビングやダイニングへの音漏れ、臭い漏れを気にせずどんな料理も楽しむことができるのも嬉しいポイント。

周りの空間から独立しているため、来客時もキッチン内を見られることもありません。

料理好きの人にとってはうってつけのキッチンといえます。

あなたの料理スタイルにピッタリなキッチンづくりをしたいなら、クローズドキッチンを検討してみてはいかがでしょうか。