人気のL型キッチンで、思い通りのレイアウトを楽しもう♪

L型キッチンの魅力
「広々としたキッチンで毎日のお料理を楽しみたい!」「使いやすいキッチンで効率をあげたい!」という人にとって、どんなキッチンにするのかは注文住宅づくりの大切なポイントですよね。

そんなあなたにおすすめしたいのが、シンプルながら使い勝手に優れたL型キッチンです。

L型キッチンは、その名の通りL字型に配置されたキッチンで、シンクとコンロが90度で向かい合うのが特徴で「お料理スペースが広々」「使い勝手が良い」「収納スペースを確保しやすい」という3大メリットを兼ね揃えています。

シンクやコンロを横に並べるI型キッチンも非常に使い勝手が良いのですが、設置するためには広いスペースが必要になるため、隣接するリビング・ダイニングの空間を圧迫することも。

その点、L型キッチンであれば横幅を取らずに設置できるので、より狭いスペースにも設置しても、リビングやダイニングを圧迫することはありません。

お料理中も向きを変えるだけでコンロやシンクを使えるので、効率良くお料理を楽しむことができます。

気をつけなければならないのが「シンクとコンロの距離感」。離れすぎても近すぎても使い勝手が損なわれるため、適度な距離感が得られるキッチンを選ぶことが大切。

また、コーナーの下部分には収納を取り付けられないので、デッドスペースが生まれることもあらかじめ考慮しておく必要があります。

人気のレイアウトは「対面式」

L型キッチンを選んだ人の間で人気のレイアウトは、リビング・ダイニングとキッチンが対面する「対面式キッチン」です。

オープンキッチンのように、リビングやダイニングにいる家族や友人とのコミュニケーションを楽しみながらお料理も楽しめるのが人気の理由のようです。

しかも、オープンキッチンを設置するときほど広いスペースを必要としないため、限られたスペースを有効活用できるのも嬉しいメリット。

アイランドキッチンやペ二シュランキッチンと違って手元も隠せるので、多少散らかってもリビングやダイニングからは見えません。

限られた空間でオープンキッチンのメリットを取り入れつつ、機能性に優れている対面式L型キッチンが高い人気を誇るのも頷けますね。

ただし、オープンキッチン同様、お料理中の臭いがリビング・ダイニングに漏れてしまうので、臭いの付きにくい壁紙を選ぶなどの工夫は必要です。

壁付キッチンレイアウトとの相性もバッチリ!

ある程度プライベートな空間を保ちつつ、集中してお料理したい人にピッタリなのが、壁と向かい合う形で設置する壁付L型キッチンです。

壁側に調理器具などを吊るしておけば、使いたい器具をすぐに取れる機能性に優れたキッチンスペースをつくることができます。

キッチンが壁側を向いているので臭いや汚れ対策がしやすいのも大きなメリット。

せっかく注文住宅を建てて、思い通りのキッチンに仕上げられても、お料理のたびに壁に汚れや臭いが付いてしまえば気持ちが凹んでしまいますよね。

綺麗好きな人にとって、臭いや汚れ対策のしやすさは見逃せないポイントではないでしょうか?

一方で、壁付L型キッチンは調理スペースがリビング・ダイニングから丸見えになってしまうので、キッチンの配色を工夫したり、小物を上手に利用したりしての整理整頓が必要になります。

また、リビングやダイニングからなるべく手元が見えなくなるように物を配置するのもおすすめです。

今日のまとめ

省スペースで設置できる、作業動線が短くなるなどメリットいっぱいのL型キッチン。人気が高いのも納得ですね。

対面式にすることでリビングやダイニングを見渡せるセミオープンキッチンにしたり、壁付にしてお料理に集中できる空間がつくれたりと、さまざまなレイアウトを楽しめるのもL型キッチンの魅力。

臭い対策や汚れ対策、壁付キッチンにした場合には手元を見えにくくするための一工夫をすることで、より使いやすいキッチンにすることができます。

あなたのお料理スタイルに合わせて思い通りのキッチンづくりを楽しんでください。