不動産会社の選び方

2018年4月1日

良い土地を探すには、良い不動産会社が必要

土地を購入しようとするとき、不動産会社の力を借りず個人で売買を行うのは大変難しいことです。取引中の間違いを防ぐためにも、買主自身が不動産外会社を選ぶ目を持たなければいけません。

情報を早く開示してくれる会社を探そう

不動産会社のような売手側の立場からすると、買主に勧める土地の印象を悪くするような情報は成約直前まで隠したいものです。しかし買主が気付いていないリスクをプロの視点で説明するのが正しい不動産仲介会社としての姿です。

もし物件に気になる点があれば、遠慮などせず質問をして不動産会社の対応をよく観察してください。なかなか質問に答えてくれなかったり、いつまで経っても報告してくれる気配がない会社は要注意です。

また、不動産業者は宅建業法によってその土地に関する「重要事項」を契約までに買主に書面を交付して説明することが義務付けられています。

これは、土地の購入にあたって買主が基本的かつ重要な事柄を理解し、熟慮の末に購入を決断すべきというごく当たり前の趣旨に基づくものです。ところが実状は、契約当日、つまり契約書にサインする直前に説明されることが多く、買主は不安を残したまま契約当日に臨むことが少なくありません。

不動産会社と接する初期の段階で、「重要事項の説明は契約の当日ではなく、前もって説明して欲しい」と要望してみましょう。快く受け入れてくれる不動産会社であれば、ひとまず安心です。

注文住宅について全般的な知識を持っている

多くの不動産会社は、注文住宅に関する知識が乏しく、家づくりを踏まえた土地の評価があまり得意ではありません。

本来、土地と家づくりは切っても切り離せないものであり、当然不動産会社は注文住宅にも精通していると思われがちです。しかし、この二つは隣り合わせの分野ではあっても、必要とされる知識が全く異なります。

例えば、その土地にどのくらいの床面積の家が建つかという最も基本的な関心事ですら、答えを出すことができない担当者も少なくありません。しかし、それでは必要のないところに予算をつぎ込む羽目になり、最終的にご希望の住環境が手に入らなくなるということになりかねません。

不動産会社のアドバイスが土地の購入に関する内容だけでなく、これから建てる家のことも踏まえたものかどうか、対応をよく見てみましょう。

てっしーおすすめ♪無料の注文住宅見積もりサービス

詳しい使い方はこちら

見積もりサービスを試すときはこちらから


最近、住宅を新築するとき「注文住宅」を選択する人が増えています。

ただ、ほとんどの人にとって住宅は一生に一度の大きな買い物。「失敗したから次」というわけにはいきません。

できることなら、自分にとって理想の注文住宅を追求したいものです。

そのために大切になるのが、出来るだけ適正な価格で正確な工事をしてくれる信頼できる施工会社との出会いです。

施工会社探しで最初に思いつく方法は、候補を絞ったうえで相見積もりを取る方法です。

ただ、忙しい合間を縫って何社にも相見積もりを依頼するのはとても大変な作業になります。

そこで役に立つのが、WEB上から複数社に一括で見積もりを依頼できるサービスです。

その中でも、特に簡単で楽なのが「タウンライフ家づくり」の相見積もりサービスです。

5分もかからず依頼できるうえ、約600社の中から自分が住んでいる地域にある施工会社に一括で注文住宅の見積もりを依頼することができます。

見積もり依頼は完全無料なので、すぐに家を建てるつもりが無くても、自分が建てたい家がどれくらいの費用で建てられるのかの大体の金額を把握するのにも利用できます。

「理想の注文住宅」を建てるにはどのくらい費用がかかるのか、大雑把に確認するだけでも大丈夫なので、一度試してみてはいかがでしょうか?


↓こちらの公式サイトから申込みができます。

ブログランキング参加中♪よければ応援お願いします(^^)

住まいランキング
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村