1人暮らしの住宅ローンの選び方

人暮らしの人の住宅ローンの選び方

1人暮らしの人が住宅ローンを選ぶときには、ライフスタイルの変化に柔軟に対応できるプランを選ぶのがおすすめです。

まず、1人暮らしの人が住宅ローンを借りるときに注意したいのは、くれぐれも多く借りすぎないことです。

一生独身でと思っていても、結婚が急に決まったり、転職で引越しをしなければならなくなったり、親が高齢になって実家に戻らなければならなくなったりと、1人暮らしの人のライフプランは変化しやすいという特徴があります。

人生の転機がやって来たときに、住宅ローンを借りていることが足枷になって、身動きがとれなくなってしまうことは避けたいものです。

これらのことを考えず、目いっぱいの住宅ローンを借りてしまうと、その後のマネープランやライフプランを拘束してしまう可能性があるのです。

老後の資金作りとのバランスを考えた資金計画を

老後資金作りとの兼ね合いも、1人暮らしの人が住宅を購入する際に考えておきたいポイントです。

夫婦2人の年金合わせて暮らしたり、子供の支えがあったりする家庭と違って、一人暮らしの人は、自分の老後の生活も自分が責任を負わなければなりません。

そのためにも、毎月返済額が手取り月収の25%以内に納まるように計算して、借入金額を考えましょう。

この割合で、教育費などの負担がない1人暮らしの人ならば、返済に少し余裕があるはずです。

その分は、老後のために貯蓄をしたり、繰り上げ返済に回したりして、将来的な負担を軽くするよう心掛けましょう。