ライフプランに合わせた最適な住宅ローンを選ぶ

ライフプランに合わせた最適な住宅ローンを選ぶ

住宅ローンを選ぶ際に、家族の状況や家計、仕事のスタイルなどの相性は非常に重要なポイントになります。

しかも、住宅ローンの返済期間は長期におよびますので、現在の状況だけではなく、将来的な家庭の状態も踏まえた上で慎重に選ばなければなりません。

結婚や子供の有無、進学プラン、配偶者の仕事など、今後のライフプラン次第では、家庭の状況は大きく変わってきます。あらかじめ、これらを踏まえた上で選択しておかないと、後悔することにもなりかねません。

住宅ローンを選ぶ際には、改めて今後の自分のライフプランを見つめ直してみてください。

また、家計の状況と住宅ローンの金利タイプの間には深いかかわりがあります。一般に、専業主婦家庭や、子供の多い家庭には、フラット35や固定金利が10年以上続くタイプのローンがおすすめです。

収入が少ない家庭や住宅ローン以外の支出を多く抱える家庭では、金利が上昇して毎月返済額が増えてしまうと、一気に家庭が圧迫される可能性があるからです。

一方、共働き家庭や収入の多い家庭では、多少の毎月返済額アップでも対応できるので、変動金利や期間選択固定金利で、返済当初の金利が安いものでいいでしょう。

また、貯蓄が十分にある人ならば、預金連動型の住宅ローンも候補の一つとなります。