金利が決まるのは融資実行日

民間ローンは融資実行時点で金利が決まります

フラット35や民間の住宅ローンの利用を考えているのならば、金利が低いときにローンの申し込みをしても油断は禁物です。

本当の適用金利が決定するのは融資実行日だからです。

マンションや注文住宅などは、契約してから入居までの時間が長くなるケースも少なくありません。

特に注文住宅は多くの場合、契約時にはまだ建設中ですし、注文住宅は契約してから初めて建設がスタートし、実際の入居まで1年以上かかることも珍しくありません。

そこで知っておいてもらいたいのが、住宅ローンの金利が決まるタイミングで、フラット35や民間ローンでは、融資実行時点の金利が適用されます。

そのため、たとえ金利が低い時にローンを選んでいても、融資が実行されるまでに金利が上がっていれば、予定よりも返済額が上がってしまうことになるのです。

一方、財形住宅融資では、ローンの申し込み時点での金利が適用されるので、融資実行日に向かって金利が上下したとしても、適用される金利が影響を受けることはありません。

入居まで時間がかかる物件を購入するために、フラット35や民間ローンの利用を考えている人は、金利が上昇した場合には返済計画が狂ってしまうリスクがあります。

そこでリスク分散のおすすめの方法が、財形住宅融資とフラット35を両方申し込んでおく方法です。

申し込んだ住宅ローンをキャンセルしても、キャンセル料は発生しません。融資の実行日までに金利が上昇して、フラット35の金利が予定より高くなってしまったら、フラット35をキャンセルして、財形住宅融資を受けます反対に金利が変わらない、あるいは下がった場合にはフラット35を契約すればよいわけです。