収入合算による住宅ローン申込

収入合算で住宅ローンの審査をパスしよう

最近では、住宅ローンを借りるさいに、夫婦2人で力を合わせて住宅ローンを返していこうという家族が増えている傾向があります。

そんな人たちが知っておきたいのが、夫婦の収入を合わせて住宅ローンを借りることができる「収入合算」です。

そもそも、住宅ローンが借りられるかどうかは、ローン申込者の収入と深いかかわりがあります。

一般的には、年間返済額が年収の30~40%という基準があり、これをクリアしなければ、そもそも審査に通らないのです。

「収入合算」を利用すれば、もしも夫の収入だけで基準に満たない場合でも、夫婦の年収を合わせることで、ローンを申し込むことが可能です。

この収入合算は、自分から見て意外に広い範囲の人が対象となり、たとえば、収入が安定して続いているかの審査があるものの、妻が正社員でなく、パート勤務である場合でも収入を合算することができます。

親など同居予定者が現役で働いているケースでは、その収入を合算することもできます。

ただし、フラット35を利用する場合は、合算する同居予定者の収入の割合が50%を超える場合、同居予定者が80歳になるまでにローンを完済することが条件になります。

民間の金融機関のローンでは、収入合算する相手の収入は、申込者の収入の50%までという決まりがあります。

このように、収入合算のルールは借りるローンによって違うので、利用したい場合は事前に金融機関に確認しておくといいでしょう。