無理のない返済額の決め方

住宅ローンを借りるときは毎月返済額をよく考える

住宅ローンに関する書籍などの中でよく見かけるフレーズに「無理なく返せる金額で借りよう」というフレーズがあります。

では、無理なく返せる金額とは、いったいどういったものなのかを考えてみたいと思います。

無理なく返せる金額を求める方法はいくつかありますが、その中でも分かりやすいのが、今の家賃を基準に考える方法です。

家賃や社宅利用料のように、現在毎月支払っている住居費と、注文住宅の取得用に積み立てている預金額の合計金額が、今後の住居費として使える金額になります。

しかし、これらを全てローンの返済に回すことはできません。まぜかというと、注文住宅購入後には、それを維持するための諸費用が定期的にかかるからです。

月々の返済額は、このような税金やメンテナンス費用を差し引いたて考える必要があります。

今の状況でいくら無理がないと思っていても、将来的に家族の状況や仕事の状況が変わってしまえば、ローンの支払が厳しくなることがあるかもしれません。

たとえば、転職やボーナスカットにより収入が減るかもしれませんし、会社の業績や健康上の都合で、早期退職しなければならない可能性もゼロではありません。

返済計画に妻の収入をあてにしていたとしても、親の介護などで仕事をやめなければいけない可能性もあります。

人生は思い通りにならないことは多々あります。すべてが予定通りにいくとは限らないということを念頭に置いて、ある程度の余裕を持った返済プランを考えることが大切です。