住宅の買い時とは

住宅の買い時を決める3つの要素

低く推移している金利水準や、住宅購入者向けの税制の優遇制度や支援制度が使えるものもあり、住宅購入を考える人が増えています。

住宅の買い時を決めるおもな要素には「頭金の貯まり具合」「ライフプランから考えたタイミング」「経済環境や税制の優遇制度」の3つになります。

頭金については、理想的には購入する物件の2割、諸経費を含めて3割程度の貯蓄を目安にします。

ライフプランに関しては、結婚、転職、子供の進学、定年退職などの節目に考えます。

税制上の優遇制度とは、現在実施されているような住宅ローン減税や住宅取得のための贈与の非課税枠の拡大などが挙げられます。

経済緩急オは金利水準や物件の流通状況、価格帯の推移も影響しますし、景気回復の兆しによる返済計画の立てやすさなども影響を受けます。

これらの要素はあくまでも目安であり、3つ揃っていないからといって、それが購入をやめる理由にはなりません。

特に頭金に関しては、十分なお金が貯まるまでの間に金利が大きく上昇すると考えるならば、現在の低金利水準で購入したほうが、結果的に総返済額を抑えられる可能性もあります。

つまり、3つの要素を総合的に見て判断することが大切になるわけです。

なかでも、経済環境や税制の優遇制度は、個人の事情とは無関係のところで決まるので、これらの様子を見てから購入を決める人が多くなっているのです。