注文住宅のイメージ作りに役立つモデルルーム見学

注文住宅の見積もり

注文住宅のイメージはモデルハウス見学で作りましょう

納得いく注文住宅を建てるには、家づくりの流れをしっかり把握しておくことが大切です。家づくりの流れを把握しないと、思わぬ不備が生じたりトラブルを招く恐れがあります。

注文住宅づくりは、建売住宅を買うときと根本的に流れが異なります。

注文住宅を建てるとき、最初にモデルハウスを見学することから始まります。このモデルハウスは、建築した住宅のイメージをお客様に分かりやすく伝えるために施工会社が用意した説明用の住宅です。

住宅の仕上がりや設備などをチェックすることができるため、モデルハウスの見学は注文住宅づくりの中でも非常に重要なポイントといえます。

モデルハウスの見学で外見を重視する必要はありません

住宅の外観は、モデルハウス見学に訪れた際に真っ先に目に入ります。

その外観が気に入ったからという理由でその施工会社と契約する方も多いのですが、これはあまりお勧めできません。モデルハウスの外観と注文住宅の仕上がりは、それほど関係がないといわれているからです。

一般的な住宅の構造として、部屋は南側に、バスルームはトイレなどの水まわりは北側に設けられるようになっています。

寝室やリビングなどの部屋には、太陽の光を取り入れるために大きな窓が設置されていることが多く、バスルームやトイレには通気性を考慮した小さな窓が設置さえていることが多くなっています。

つまり、住宅の南側は、北側と比べて凹凸がしっかり付いた外観となります。

南側が道路に面している場合、道路から住宅を見たとき玄関口や大きな窓で外観がに凹凸が付くことで「住宅の顔」を引き立たせることができます。

この効果を狙って、モデルハウスの多くは南側が道路から見えるように建てられているのです。

住宅によっては、北側が道路に面しているところもあります。もしもそういった立地を選んでしまった場合、道路から見えるのはバスルームやトイレに設置された小さな窓や玄関口のみということになり、凹凸のないのっぺりした外観となってしまいます。

これらの理由から、モデルハウスの外観のみで契約を決めてしまうのは避けるべきであるといえます。

モデルハウス見学時のチェックポイント

注文住宅づくりの流れの中でモデルハウスの見学は非常に重要なポイントになります。

モデルハウスの見学では、住宅の構造と使用されている設備機器や外装・内装の仕上げ材などの標準仕様をしっかりチェックしておきましょう。

下に、モデルハウス見学でのチェックポイントをまとめたので参考にしてください。

構造的な特徴

住宅の構造は、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、補強コンクリートブロック造といくつかの工法に分けることができます。各工法で特徴が大きく異なるため、ここで最適な工法を選ぶことは家づくりの流れにおいて重要なポイントとなります。

木造が持つ魅力は、地盤にかかる負担の少なさです。鉄やコンクリートと比べると重量がないため、建築前の地盤補強なども少なくて済みます。また、加工が容易であるため、より希望のデザイン・間取りへ仕上げることができます。

鉄骨造が持つ魅力は、品質のよさと強度の大きさです。これを活用した重量鉄骨ラーメン工法は高層ビルなどにも採用されており、高い耐震性を誇っています。

鉄筋コンクリート造が持つ魅力は、耐震性、耐火性、耐久性に優れているという点です。鉄筋とコンクリートの魅力を併せ持った工法で、強度のみならず設計の容易さも魅力のひとつです。なお、強度の程度は使用するコンクリートによって差があります。

補強コンクリートブロック造が持つ魅力は、ほかの工法と比べて建築期間が短いという点です。また、空洞部分が多いことから断熱性に優れています。もちろん、空洞部分が多いからといってスカスカということではなく、鉄筋を使ってしっかり補強しているため心配はいりません。

標準仕様

標準仕様とは、住宅メーカーが使用する設備機器や外装・内装の仕上げ材などの基準となるグレードのことです。標準仕様は各住宅メーカーにより異なるので、自身がイメージする理想の住宅を手に入れるためにも必ず押さえておきたいポイントだといえます。

標準仕様と併せて覚えておきたいものに、オプションがあります。オプションは仕様をグレードアップしたいときに利用するもので、標準仕様より高品質のものを使ったり、通常はない機能・設備を追加したりすることが可能です。

なお、利用すると注文住宅の購入にかかる費用は高くなる点に注意が必要です。

モデルハウスに、標準仕様よりもグレードの高い設備機器や外装・内装の仕上げ材を使っているというケースは少なくなりません。そのため、モデルハウスと同様のつくりを希望することで、予算を軽々オーバーしてしまうこともあるのです。

そうならないためにも、住宅メーカーの標準仕様をチェックしておくことがとても大切です。

モデルハウス見学で注文住宅づくりの第一歩を踏み出そう

注文住宅を建築する際、モデルハウス見学は絶対に外すことのできない重要な工程です。家づくりの流れを把握し、見学する際のポイントを押さえておくことで、より自分の理想通りの注文住宅に仕上げることができるのです。

現在、注文住宅を検討している方は、モデルハウスの構造的特徴と標準仕様をチェックすれば、依頼すべきハウスメーカーが自然と見えてくるはずです。

2018年7月24日注文住宅ブログ注文住宅, 建築会社選び