工事途中に行う上棟式とは?

注文住宅ブログ注文住宅

上棟式ってなに?

上棟式は、上棟がかんりょしてから行う儀式で、建前(タテマエ)とも呼ばれます。

もともとは工事の無事を祈るための儀式でしたが、現在は職人さんたちの労をねぎらう意味合いが強く、棟梁が式を取り仕切ります。

施主と工事関係者の顔合わせも兼ねており、住みよい家を建てるというお互いの気持ちを確認しあう機会でもあります。

上棟式を行うかの判断は施主が行います。工事のスケジュールとの兼ね合いもあるので、上棟式を行う場合は事前に工務店に相談しましょう。

上棟式を行うときの注意点

地方によっては式の最後に小宴会を起こったり、その地方ごとの習慣となっている儀式を行ったりするため、施主にとってかなりの費用になる場合もあります。どの程度の規模で宴会を行うかなど工務店に相談して、無理のない範囲で計画を立てていきましょう。

この式には、10~20人程度の工事関係者が参加するため、ご祝儀や食事の用意などのためにも参加人数はしっかり確認しておきましょう。

上棟式で用意するもの

・上棟式・・・塩、お神酒(1升一本)、洗米(地方によっては、洗あずき)
・直 会・・・お料理、飲み物
・ご祝儀・・・工事関係者へお渡しします。
・その他・・・引き出物、折り詰めなど

※ご祝儀の金額は、一般的には棟梁が1万円~3万円、その他の職人さんが3千円~1万円が一般的となりますが、全員を同じ金額にする場合や、地域や工務店によっても異なりますので、工務店とよくご相談ください。

上棟式の流れ

1.棟梁が一番高い棟木に幣束(ヘイグシ)を立て破魔矢を飾ります。
2.建物の四方に酒・塩・米をまいて清め、工事中の安全祈願をします。
3.施主のあいさつ
4.乾杯
5.直会(小宴席)
6.工事関係者の紹介
7.施主から工事関係者へご祝儀を渡します。
8.手締めを行い、お開きとなります。