ローコストビルダーとは

注文住宅ブログ

ローコストビルダーが提供するリーズナブルな注文住宅とは

1990年代から登場した「リーズナブルな価格を前面に打ち出した注文住宅供給業者」のことをローコストビルダーと呼びます。

大手ハウスメーカーが工程を規格化、工業化し部材を工場で生産する体制を持つことでコストの低減を図るのとは異なり、ローコストビルダーの多くは自らの工場や専属の施工部門を持たないことが特徴です。

近年は、ローコストビルダーと同様の手法を用いて、建売住宅を手掛けてきたパワービルダーと呼ばれる業者が注文住宅を手掛けるケースも増えてきました。

いずれも多くの建主が当てはまる「最大公約数の顧客層」をターゲットにしており、より多くの建主の希望に適した共通の資材を大量に仕入れることでコストダウンを図っています。

さらに、施工方法の単純化と工期の短縮を実現することで、坪単価30万円前後(ただし本体価格)というコスト面の優位性を保っています。

ローコストビルダーは、「全国的に標準的な建主像」を想定することでコストダウンを図っているため、主に6メートル前後の道路に面する平坦な土地で、延床面積40坪程度の広さで平均的な間取りを持つ総2階建て」というケースで高いコストパフォーマンスを発揮します。

建主の希望するグレードや仕様がローコストビルダーの設定する商品仕様と近いほど、コストもローコストビルダーが謳っているものに近づきますが、逆にその想定から大きく外れる注文住宅を立てる場合、ローコストビルダーを依頼先に選ぶことで得られるメリットは失われます。

また、広告等で謳われている坪単価は、あくまでも本体価格の坪単価であり、現実的にはこの坪単価だけで生活できる家は建ちません。