注文住宅の快適さを左右する『コンセントの数と配置』

注文住宅のコンセントの配置と数
注文住宅の1番の魅力は、自分の理想の外観・間取り・施設を実現できる設計自由度の高さです。

しかし、自由度が高さゆえに思わぬところで苦労したり、後から使いづらい点が出てきたりすることも多いので、最初のプランづくりは特に重要になります。

注文住宅のプランで良く見られる失敗がコンセントの数と配置です。

今日は、注文住宅の使い勝手を左右する『コンセントの数や配置するべき場所』について解説していこうと思います。

コンセントが必要な場所と設置数を事前にリストアップ

新しく家電を購入したとき、「ここに置きたいけどコンセントがないから無理。。。」という経験は、誰もが必ずしたことがあるのではないでしょうか。

注文住宅を建てる後、こんなことがないようにコンセントの数と配置にはしっかり検討して下さい。

この部分は、意外と見落とされがちです。後から失敗に気づいて後悔する人も多いため、これから注文住宅を建てる人は、住み始めてからの暮らしを具体的にイメージし、プラン段階でどこにどんな家電を置くのかを決めてから、コンセントの配置をじっくり考えましょう。

コンセントに関する失敗で1番多いのが「数が足りない」という失敗。

注文住宅を建てる際は、ついつい間取りやキッチン・お風呂設備などに意識が取られがちです。だからこそ、コンセントがどこにどれだけ必要なのかを、しっかりと決めることが大切なのです。

例えば、リビングにあるコンセントが必要な家電をリストアップしてみましょう。

サッと思いつくのは、TV・DVDプレイヤー・無線LAN用子機・掃除機・スマホの充電器といったところでしょうか。

もちろん、人によってライフスタイルは異なるので、コンセントの用途や必要な数は変わってきます。

コンセントはいくつ必要なのか、そのコンセントは何に使うために設置するのかを、あなたのライフスタイルに合わせて一度真剣に考えてみることをおすすめします。

リストアップが一通りできたら、その中から最低限必要な「常時使用するコンセントの数」を把握しておきましょう。

それに、必要なときだけ使用するコンセントの数を足して、最終的にコンセントをいくつ設置するかを考えていきます。

コンセントの配置で失敗しないためのポイント

コンセントをどこに配置するかで、注文住宅の使い勝手は大きく左右されます。

プランを建てる段階で配置場所をしっかり検討して置かないと、いざ暮らし始めた後で「コンセントの位置が低すぎて使いづらい。」「家具で隠れてしまって使えないムダなコンセントがある」という失敗につながります。

せっかく建てる注文住宅です。見栄えや快適な空間づくりはもちろん大切ですが、細かい部分にもしっかり気を配り、ぜひ「快適な暮らしと使い勝手の良さを両立させた注文住宅」を追求してみてください。

キッチンのコンセントは水がかからない場所に

キッチン家電で使うコンセントは、安全面を考慮して水のかからない場所に配置しましょう。

吊り棚などにコンセントを配置すれば、水濡れからコンセントを守ることができますし、配線をスッキリとまとめることができます。

吊り棚の高さとコードの高さが適切かも考慮しながら、コンセントの配置を考えてください。

床面にコンセントを配置

リビングが広いと壁面が少なく、コンセントの位置が遠いというケースが出てきます。

その結果、延長コードや三角タップが必要となり、見栄えも悪いタコ足配線になってしまいがちです。

そうならないためにおすすめしたい方法が、床面にコンセントを設置する方法です。床面にコンセントがあれば、無理にコードを伸ばしたり、コードをつなげたりする必要がなくなります。

部屋をスッキリ見せることができ、タコ足配線にする必要もありません。ポップアップ式のコンセントを使えば、使わないときは蓋を閉じておけるので、邪魔に感じることもないでしょう。

掃除機用コンセントは高いところに

コンセントの配置場所は、一般的には床から数十センチくらいの低いところになります。

TVやDVDプライヤーなど、一度コンセントを刺したら刺しっぱなしにできるものなら良いですが、掃除機など頻繁に抜き差しをするコンセントの場合、低いところにあると屈むごとに腰など体に負担をかけることになります。

もし、掃除機用のコンセントを屈まなくても抜き差しできる高さに配置すれば、不便さは感じませんよね。おっくうな掃除機がけも楽になり、一石二鳥です。

ほかにも、コンセントの配置で押さえておきたいポイントはたくさんあります。

キッチン周りや洗面所、パソコン周辺など各部屋の配線を考慮しながら、コンセントの配置プランを考えていきましょう。

コンセントの数や配置を意識して「暮らしやすい注文住宅」に

上で紹介したように、コンセントの数や配置を考慮するだけで、住宅の快適さはググッと向上します。

注文住宅のプランをつくるときは、どうしてもリビングやキッチンなど、空間や大きな設備に目がいきがちです。

しかし、こういった細かい設備にまでしっかり気を配ることで、初めて「見栄えが良く、しかも暮らしやすい注文住宅づくり」ができることを、しっかりと覚えておいてほしいと思います。

てっしーおすすめ♪無料の注文住宅見積もりサービス

詳しい使い方はこちら

見積もりサービスを試すときはこちらから


最近、住宅を新築するとき「注文住宅」を選択する人が増えています。

ただ、ほとんどの人にとって住宅は一生に一度の大きな買い物。「失敗したから次」というわけにはいきません。

できることなら、自分にとって理想の注文住宅を追求したいものです。

そのために大切になるのが、出来るだけ適正な価格で正確な工事をしてくれる信頼できる施工会社との出会いです。

施工会社探しで最初に思いつく方法は、候補を絞ったうえで相見積もりを取る方法です。

ただ、忙しい合間を縫って何社にも相見積もりを依頼するのはとても大変な作業になります。

そこで役に立つのが、WEB上から複数社に一括で見積もりを依頼できるサービスです。

その中でも、特に簡単で楽なのが「タウンライフ家づくり」の相見積もりサービスです。

5分もかからず依頼できるうえ、約600社の中から自分が住んでいる地域にある施工会社に一括で注文住宅の見積もりを依頼することができます。

見積もり依頼は完全無料なので、すぐに家を建てるつもりが無くても、自分が建てたい家がどれくらいの費用で建てられるのかの大体の金額を把握するのにも利用できます。

「理想の注文住宅」を建てるにはどのくらい費用がかかるのか、大雑把に確認するだけでも大丈夫なので、一度試してみてはいかがでしょうか?


↓こちらの公式サイトから申込みができます。

ブログランキング参加中♪よければ応援お願いします(^^)

住まいランキング
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村