何歳までなら融資を受けられるか

年齢が高くなればなるほど条件が厳しく融資額も少なくなりがち

たいていの住宅ローンは年齢制限があり、申し込み時の年齢が20歳以上70歳未満である必要があることで、80歳までに完済するなどが一般的な条件です。

ただし、ほとんどの場合は定年までの間に完済するよう融資期間を設定します。定年後の限られた収入の中で、毎月ローンを支払うのは大変なことだからです。

定年が60歳と仮定し、40歳で住宅ローンを申し込んだ場合は、融資期間は20年です。返済期間が短くなれば毎月の返済額もふくらみますし、融資金額が少なくなることも考えられます。

また、民間ローンでは団体信用生命保険の加入が義務付けられているため、健康上の理由などで団信加入が拒否されると、住宅ローンが借りられなくなってしまいます。

団信加入に際しては、過去3年間の健康状態を告知する必要があり、虚偽の告知をした場合は、債務者が亡くなるか高度障害状態になっても保険料は支払われません。

フラット35では団信の加入は任意ですが、債務者になにかあった場合は、団信に加入していなければ残された家族に残されたローンの支払い義務が課せられます。

結論として、たとえある程度の年齢であっても健康的であれば融資は受けられますが、借入金をなるべく抑えて、リスク管理をしたいところです。