土地の掘り出し物とは

土地に掘り出し物はあるのか

最初に結論をいいますが、「掘り出し物の土地」というのは確かに存在します。しかし、個人でそれを見つけるのはほぼ不可能といっていいでしょう。

そういった掘り出し物は、ほとんどの場合デベロッパーや不動産業者などが市場に情報が出回る前に購入してしまうのです。

情報が出回った時点で相場より安い土地は一見掘り出し物に感じるかもしれませんが、安ければ安いなりの理由があります。

「道路には接しているけれど、階段があって車が入れない土地」だったり、「過去にガケ崩れがあった土地」だったり、「高圧線が近くに通っている土地」は、価格が相場よりも著しく安くなる傾向があります。

また、見た目は道路に面しているようでも、それが建築基準法上の道路ではない場合には、建物を建てられない土地(再建築不可)の場合があるので要注意です。

もし相場より安い価格の土地を見つけたら、まずは「何かあるに違いない」と疑問を持ったほうが賢明でしょう。

何とか掘り出し物を見つけたいという気持ちは理解できますが、土地探しに要する時間のロス、後々のリスクを抱え込む可能性を考えると、「かかるものはかかる」と割り切ってしまった方が得策といえます。