子育て中の家庭の住宅ローン

子育てファミリーの住宅ローンの選び方

働き手が1人の専業主婦家庭では、家計に余裕がある家庭は比較的少ないはずです。

子供の成長とともに教育費などの出費がかさむことを考えると、無理をせず借入金額を抑える工夫が必要です。

そのために、毎月返済額が手取り月収の25%以内、返済期間が定年退職の年齢になるよう借入金額を計算します。

そうして算出した金額に頭金を合わせた予算で物件を探すようにしましょう。

金利タイプは、スタート時に総返済額が確定するフラット35などの固定金利型がおすすめです。

固定金利期間選択型を選ぶ場合でも、10年以上は固定期間を設けるといいでしょう。

これではどうしても予算が足りないというのであれば、返済期間を少し延ばして再計算します。

子育てが一段落ついたら、妻がパートに出るなどして繰り上げ返済し、返済期間を縮めて定年までの完済を目指しましょう。

住宅ローンを2本に分けてリスク分散

金利タイプや返済期間が違う住宅ローンを2本分けて借り、リスクを分散する方法は子供のいる専業主婦家庭の場合でも有効です。

教育費のピークは、子供が高校、大学生のときです。したがって、1本は定年退職を目安にした返済期間にして、もう一本は10~15年程度の短めの返済期間を設定した上で、短い方は子供が高校生になるまでに払い終えてしまうという方法もあります。