屋根で変わる!住まいの断熱性能

天窓のある注文住宅
住宅の断熱性能を高めるため、外壁の断熱対策に気を配る人が多いのですが、屋根の断熱対策も見逃せません。

室内の熱の約15%程度は、屋根から伝わってくると言われます。屋根の断熱加工が不十分だと、夏は暑く冬は寒い住宅になってしまう可能性があります。

断熱性能は暮らしやすさを左右する大切な要素です。外壁だけでなく、屋根の断熱対策にもしっかり気を配りましょう。

一般的な天井断熱

天井断熱は、天井部分に断熱材を使い、外部からの熱をシャットアウトする方法です。

屋根に断熱材を付ける場合と違い、屋根断熱には断熱材の厚さに制限はありません。

断熱材を付ける範囲が狭いため、費用を抑えられることも大きなメリットです。

ただ、ロフトや収納スペースとして小屋裏の空間を利用できなくなるため、居住スペースの狭い住宅や平屋住宅には向かない断熱方法となります。

屋根裏を活用できる屋根断熱

屋根断熱では、小屋裏の外側にある屋根に断熱材を取付けます。そのため天井断熱と違い、小屋裏をロフトや収納スペースとして利用できるメリットがあります。

また、小屋裏への熱をシャットアウトするので、小屋裏に熱がこもらず2階部分が涼しく保たれるのも嬉しいメリットです。

ただし、断熱材を取る付ける範囲が広くなるため、費用は高くなる傾向にあります。

厚さにも制限がかかるため断熱性能が高い素材を使用する必要があることも、費用を高騰させる要因となっています。

屋根断熱に使われる断熱素材

一般的に断熱歩法である天井断熱では、グラスウールやロックウールなど、断熱材としては安価な繊維系断熱材が使われます。施工のしやすさも、全体の費用を抑えるのに一役買っている要素です。

屋根断熱では、充填断熱か外張り断熱かで使用される断熱材が異なります。

充填断熱では天井断熱と同様、グラスウールやロックウールなどの繊維系断熱材が多く使用され、外張り断熱では発泡プラスチック系の断熱材を使用します。

今日のまとめ

室内の温度を快適に保つには、外壁だけでなく屋根の断熱対策も重要になります。

ただ、断熱方法や使用する断熱材によって費用や効果が異なります。

選択する断熱方法によっては住宅内のスペースにも影響が出ます。

どんな方法でどの断熱材を使用するかが、快適で過ごしやすい注文住宅づくりの大切なポイントの1つになります。