無垢材「ナラ」の魅力に迫ってみた

注文住宅ブログ注文住宅, フローリング・床材, 内装・内壁・インテリア

注文住宅をナラのフローリングに
ナラ材は耐久性と耐水性に優れた無垢材で、その重厚感ある見た目から、注文住宅のフローリング材として採用されることが多い木材です。

無垢材は「檜」「オーク材」などさまざまな種類があります。無垢材フローリングを検討するとき、どの無垢材を採用しようか悩まれる方も多いかと思います。

今日は、無垢材の中でも「ナラ」にスポットを当てて、その魅力や利用方法に迫りたいと思います。

ナラについて

ナラは日本では昔から親しまれてきた木材の1つで、肌目が粗く、見た目に重厚感があるのが特徴です。

極端に暑い地域でなければ育つ樹種で、日本だけでなく中国やロシアなど幅広く分布しています。

日本国内でも特に北海道で伐採されたナラは上質とされ、「Japanese oak」と呼ばれて世界的に受け入れられ輸出もされています。

ナラの特徴

重厚感のあるナラは耐久性にも優れ、しばしばフローリング材として使用されます。

住宅内でもフローリングは特に傷みやすい部分になります。物を落としたり家具を動かしたりと、フローリングは何かと衝撃を受けがちだからです。

だからこそ、ナラ材の高い耐久性が活きてくる場所でもあります。また、耐水性にも優れているので、キッチン周りの床にも使用できます。

また、ナラはもともと白っぽい色をしていますが、塗装がしやすいためカラーバリエーションにも富んでいます。

どんな色を塗っても、もともとの木材としての重厚感から落ち着いた仕上がりになり、どのような家具に加工してもシックな雰囲気の家具ができあがるのも特徴の1つです。

木目はトラの毛並みによく似ているという特徴があるため、虎斑(とらふ)とも呼ばれています。

また、塗装せずとも、経年によって徐々に深みのある色へと変化していき、その変化を目で楽しむ人も多くいます。

デメリットを挙げるなら、割れや反りが生じやすいという点です。

これは無垢材全体に言えることですが、無垢材は湿度や温度の変化で収縮します。その際に割れや反りが生まれることがあるのです。

それ以外のデメリットは特になく、加工性にも優れているため、日本では昔から木材として幅広く使われえており、テーブルなどもナラを使用して作られているものが多くなります。

今日のまとめ

ナラの無垢材は、重厚感と美しい木目を持ち、和風・洋風どちらのテイストにもうまくマッチする汎用性の高い無垢材です。

耐久性や耐水性にも優れて使い勝手も良く、月日とともに深まってく味わいが目を楽しませてくれるでしょう。

価格的にも比較的安い無垢材ですので、採用を検討してはいかがでしょうか。