硬さと粘り強さを兼ね揃えた鉄骨造とは?

鉄骨造住宅のメリット・デメリット

鉄骨造とは、柱・梁・筋かいなどを鋼(はがね)で作った住宅のことを指します。

鋼とは鉄に微量の炭素を加えたもので硬さと粘り強さを併せ持つ素材ですが、揺れやすく音が響きやすいというデメリットも持っています。

鉄骨造には重量鉄骨造と軽量鉄骨造の大きく分けて2つの種類が存在します。

重量鉄骨造

重量鉄骨造とは、厚さ6ミリ以上の鉄骨を主な部材として使用し、角型鋼管やH型鋼などを使用し、3階建て以上の比較的大きな建物に採用されます。

骨組みの構成で分類すると、柱と梁を硬く接合して力に対抗して筋交いを不要としたラーメン構造が採用されることが多くなります。

鉄骨自体が揺れを前提として建てられる建物のため、外壁材はサイディングやACLパネルなどの揺れに追従する乾式外壁材に限定されます。

軽量鉄骨造

軽量鉄骨造は別名「LGS造」とも呼ばれ、一般的な軽量鉄骨造の鋼材の厚さは3ミリ前後で、柱の太さは8センチ前後のものが比較的多く採用されます。柱の形は角形鋼管やリップ溝形鋼などの形状があります。

骨組みの構造で分類すると、柱・梁・ブレース(筋交い)で支えるブレース構造がメインとなります。

2階建て以下の住宅に使われることが多く、主に大手ハウスメーカーで採用される構造で、一般的な工務店や設計事務所で採用されることはほとんどありません。

耐震性

鋼は木材に比べ強度が高く、かつ軽量であるため耐震性に優れているといえます。

ただ、部材の接合部をつなぐ高圧ボルトの締め付け不足や溶接の施工不良があると、強度が損なわれる可能性があります。

耐久性

耐久性に過ぎれており、条件によって異なりますが一般的には35年程度で大規模な修繕が必要とされています。

なお、鋼材は熱に弱く500度を超えると強度が一気に落ちて崩壊するという欠点を持ち、錆びやすい素材でもあるため断熱材で覆うなど大家処理をしっかり施すことや防水・防錆処理・結露処理が必須になります。

施工性

工場で長さや仕口(部材の取り合いの部分)を加工して現場に搬入してから組み立てます。使用される鋼材はJIS規格品で、強度や性能面での品質が一定であるという特長を持ちます。

重量鉄骨造の場合は、現場でクレーンなどの重機を使用するため、前面道路が狭い場合や空き地がない場合は搬入や組み立てが難しく、場合によっては施工できないことがあります。

自由度

重量鉄骨造は柱型が建物内に出るため仕上げやデザイン面でデメリットがありますが、自由度は高いといえます。

柱と柱の間の間隔を木造より広げられるため、大きな開口のある広い空間が設計可能で、間仕切りも自由に設けられるというメリットがあります。

軽量鉄骨造は、柱型がないためスッキリさせることが可能ですが、ブレーズが入っているため耐震壁が必要となり、自由度に一定の制限がでてしまいます。

工期
規模や条件によりますが、おおむね6ヶ月程度です。工場での作業割合が多いため、他の施工に比べて工期が比較的短くなります。

コスト

鉄鋼の国際価格に影響を受けやすい工法ですが、通常は在来工法の約1.1~1.2倍程度で、重量鉄骨造に比べて軽量鉄骨造のほうが安価になります。

増改築のしやすさ

柱と梁を動かさなければ、増改築しやすい工法となります。